読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるカワウソのつぶやき。

四月は君の嘘が大好きなカワウソ。好きな漫画やアニメについて語るブログです。

【だがしかし】7巻の感想&登場した駄菓子をご紹介!終わりの始まり…?

『だがしかし』7巻では、シカダ駄菓子が倒産の危機!?向かいにコンビニができ、さらに経営が追い込まれてしまうのか…と思いきや。店長が世間とズレてて助かった。いいキャラしてるなぁ、紅豊さん。ココノツくんにちょっとスケベな本を進めるところとか、め…

特典小説で深まるソードアート・オンライン-オーディナル・スケール-の物語。エイジと悠那の過去が明かされる!

劇場版SAO 2回目の視聴です。1回目は上映時間を間違えて、序盤を見逃す体たらくっぷり。厳密にはイチからラストまで見たのは初めてといった感じです。2回目ともなると、展開を知っている分、細かい点に気づける。ランキング3位のラーメンマンとか、重村教授…

デジモンアドベンチャーtri.第4章「喪失」感想。パートナーとの絆を取り戻していく物語。

デジモンtri.第4章の感想です。「喪失」のタイトルを聞いたとき、大切なパートナーとの記憶を失って、さらに失うものがあるのかと不安になった。けれども、映画を観終えた今ならわかる。4章は、失った絆を取り戻していく「再生」の物語なのだと。たとえパー…

闘会議から、オカンイベント昼・夜まで〜佐倉綾音さんに見惚れた2日間〜

2月11日の闘会議、2月12日の『オカルティック・ナイン』スペシャルイベントと、あやねる漬けの2日間。ほんっとうに幸せな時間を過ごさせてもらいました。改めて佐倉綾音さんに惚れ直したのです。この気持ちを忘れないように、今回の遠征の日記のようなものを…

『からかい上手の高木さん』5巻の感想「想い出は、時が経っても色褪せない」

日本全国の男子を悶絶の渦に巻き込んだ『からかい上手の高木さん』の5巻が発売です!表紙からすでに、西片くんがからかわれている様子が分かってたまらんですよ。女の子と一緒に水着買いに行くって、何そのご褒美。 大人になった高木さんの姿あり、水着回あ…

【僕だけがいない街】9巻の感想!「雛月、賢也、佐知子、愛梨の視点から描かれる外伝!」

僕だけがいない街 9巻が発売です。アニメが放映されていたのが、もう1年も前。続きが気になりすぎて、原作を一気に揃えたのも良い思い出。アニメと原作で展開は違っていましたが、うまく絡めて締めたのではないかなと。さて、9巻は本編終了後に連載された外…

『セイレン』2017冬最高のヒロインは、常木耀ちゃんで決まり!

『セイレン』4話視聴完了です。からかい上手の常木さんに翻弄された1ヶ月。毎週見終わったあとには、「セイレン優勝!」しか言えないオタクに成り下がっておりました。常木さん可愛すぎるでしょ!せっかくなので、常木耀ルートを振り返っての感想をば。 今回…

"不死蝶" 和田光司さんよ、永遠なれ〜KOJI WADA DIGIMON MEMORIAL BEST〜

2016年に逝去された和田光司さんのアルバム『KOJI WADA DIGIMON MEMORIAL BEST』が発売されました。誰もが知る『Butter-Fly』を始め、名曲がたくさん。和田さんの歌声を聴いていると、ついつい涙が…。リアルタイムデジモン世代、選ばれし子どもたちだった僕…

逆転裁判 15周年特別法廷 昼の部レポート!盛りだくさんの内容にファン垂涎!

逆転裁判シリーズは、3が至高だと末代まで伝えていきたい。逆転裁判が生まれてから、2016年で15年。15周年を記念して行われたイベントに、参加してきました!豪華ゲストに製作陣のみなさんも参加と、開催前からワクワクが止まらなかったですよ、ほんとに。実…

【さよなら私のクラマー】2巻の感想!「記録には残らないが、記憶には残るプレイ」

新川直司先生の新作『さよなら私のクラマー』の2巻が発売です。8月の君嘘Codaとの同時発売から約5ヶ月。発売を待ちわびておりました。2巻では、強豪・久乃木学園高校との練習試合が決着!圧倒的な差を目の前にしても、諦めずに点を獲りに行くワラビーズの姿…

『結物語』23歳の阿良々木暦が出会う怪異!ガハラさんと交わす、ふたりだけの愛の言葉が美しい。

物語シリーズ最新作『結物語』の感想。「結」は「むすび」と読むんですね。てっきり「ゆい」かと。「それもまたムスビ」と市原悦子さんの言葉が脳裏に浮かびます。作品は違いますけれど。 結物語の語り部は、23歳になった阿良々木くん。まさか彼が警察官にな…

ANIMAX MUSIX 2017 OSAKA@大阪城ホール 感想!前前前世から、優勝!

アニマ大阪に参戦してきました!アニソンイベントは、昨年夏のアニサマに続いて、2度目。アニサマでアニソンライブの楽しさにやみつきになり、アニマ大阪の参加も決めたところです。コールやキンブレの使い方など、まだまだ知らないことばっかりですが、そん…

傷物語Ⅲ 冷血編 感想「始まりの物語、完結!羽川さんとのあのシーンは必見!」

傷物語 冷血編の感想です。土曜朝イチの回で鑑賞してきました!期待でわくわくしながら迎えた3作目でしたが、相変わらずの作画の綺麗さに魅了され、バトルシーンの迫力に驚くばかり。制作発表から、長い時間をかけて映像化されただけあって、高いクオリティ…

【ユーリ!!!】12話(最終回)の感想「ふたりのユーリで師匠を超える!」

『ユーリ on ICE』最終回の感想。2016年見た作品で、一番心を動かされたのは間違いなくユーリ!!!です。終わってほしくない、まだまだ見ていたいと思ったのはいつぶりだろう。決戦のGPファイナル。フリーの結果はいかに。 復活のJJ フリー第1滑走は、JJ。SPで…

【ユーリ!!!】1話〜11話までのまとめて感想!たくさんの「愛」が詰まった作品!

『ユーリ!!! on ICE』を11話まで一気見。何かと話題になっていて、気になってはいたのですが、最終回前にやっと追いつけました。「女性向けでしょ?」とあまり気乗りしてなかった自分が恨めしい。男女関係なしに楽しめるアツい作品だよ! フィギュアスケート…

『君の名は。』第2弾パンフレットをお供に、3回目の鑑賞。

12/9(金)発売のパンフレット第2弾をお供に、3度目の『君の名は。』です。パンフレットについては後述するとして、本編の感想をば。実は、小説版の感想しか書けてなかったんですよね。綿密に練られたストーリー。映像美と素晴らしい音楽のコラボレーション…

『君の名は。』スパークル original ver. MVのラストで鳥肌がとまらない!

『君の名は。』の勢いがとどまることを知らない。興行収入は189億円を突破し、『もののけ姫』の193億を超えるのは確実と言われているそうで。日本だけでなく、海外でも人気を集め、どこまで行ってしまうのかと。その勢いに驚くばかり。瀧くんと三葉が紡ぐ、…

『ゆうべはお楽しみでしたね』ネトゲから始める同棲生活

『ゆうべはお楽しみでしたね』にハマった。 「この漫画好きそう」と勧められて、ちょうどKindle版が半額だったので、ぽちっと購入した1冊。ネトゲもドラクエもそんなにやってないしなーと、控えめな気持ちで読み進めていたら。これ、僕が好きって勧めてくれ…

『この世界の片隅に』感想。笑いが起こる戦争映画なんて初めてだ。

『この世界の片隅に』を観てきました。小さな劇場ながら、立ち見も含めて満員の回の連続。この作品への期待値の高さがうかがえます。若者から、普段はアニメを観なさそうなご年配の方まで、幅広い年齢の方々がいたのが印象的でした。終わった後は、ただただ…

【ガーリッシュナンバー】原作2巻の感想!「売れる声優には二通りのタイプしかない」

絶賛アニメ放送中の『ガーリッシュナンバー』原作小説2巻の感想。アニメは千歳がイベントの舞台に上がるところからスタートしましたが、そこに至るまでの経緯とは!? ガハハ!勝ったな! アニメより毒多め、ラノベ原作者の自虐多めでお送りしております。千…

『ファンタジア文庫 大感謝祭2016』展示レポート!学園に入り込んだ気分!

数々のヒット作を生み出してきたファンタジア文庫のイベントに参戦!展示、ステージ、物販と盛りだくさんの内容に。なんといっても、今回の見どころは、先日配信が発表された『一択彼女 加藤恵』の体験イベントでしょうか。大きなスクリーンに映し出された恵…

【だがしかし】6巻の感想&登場した駄菓子をご紹介!まさかほたるちゃんが…

だがしかし6巻は、衝撃的な展開で続きが気になりすぎる…!いつまでも楽しい夏が続くと思っていたのに。ほたるちゃんがいなくなったシカダ駄菓子はどうなってしまうのか。もしかして、サヤちゃんとのラブコメ展開くるー?それはそれでアリ。今後の展開に胸を…

【3月のライオン】月物語 第交話 つばさライオン 感想「夢のクロスオーバーに高まる!」

3月のライオン×物語シリーズのコラボ小説『つばさライオン』感想。発表されたときには、まさかのコラボにびっくり。両方のファンとしては、「俺得!」なコラボでめちゃくちゃ嬉しかったですね。 好きな作品のコラボってだけで嬉しいのに、物語シリーズから登…

【リゼロ】1話〜25話を通しての感想!「エミリアたんマジ天使」

10月に入り、秋アニメが始まりだした今日この頃。今更ながら、春〜夏にかけて覇権を握ったといっても過言ではない『Re:ゼロから始める異世界生活』を一気見してみました。話題になってる作品を後からまとめて見るスタイル。見る前は「また異世界召喚モノか〜…

【ネタバレ有】デジモンアドベンチャーtri.第3章「告白」感想

デジモンtri.第3章を観終えました。前2作とは雰囲気はうって変わって、深く、悲しい物語になっています。胸が痛くなるような展開に、何度涙を流したことか。全体的に暗いトーンで物語は進むのですが、ラストは希望が持てる終わり方でよかった。ただ、第4章の…

『君の名は。Another Side:Earthbound』感想。本編がさらに味わえる外伝小説!

『君の名は。』が破竹の勢いで、たくさんの人を感動の渦に巻き込んでいる。公開前に新海監督が書いた小説を読んだときには、こんな大ヒットは想像できなかった。けれど、公開された映画を観て納得。美しい映像と、緻密に組み上げられたストーリー、RADWIMPS…

京まふ2016レポート!有頂天家族2期制作決定!

昨年に引き続き、京都・みやこめっせで行われた京まふに参加してきました。2日目のみの参加ですが、今年の見どころはなんといっても有頂天家族ステージでしょう!物語を振り返る映像の最後に「重大発表アリ」とのお知らせ。いやが上にも期待が高まる。まずは…

映画『聲の形』感想「硝子と将也が心を通わせていく姿がせつなく、愛おしい」

映画『聲の形』を朝イチの回で鑑賞。もともと原作は読んでいて、どう映像化するのかは気になっていたのですが、僕の想像をはるかに超えてきました。聴覚障害をもつヒロイン・西宮硝子役の早見沙織さんの演技が凄かった。彼女が発するセリフはそれほど多くな…

【アニサマ】Animelo Summer Live 2016 2日目の感想!最高の「刻」を刻んだ一日!

アニサマ2日目終了しました!最高!サイコーの一日でした!こんな楽しいイベントがあるなんて!今まで参加してなかったのがもったいないくらい。いま、セトリの楽曲を聴きながら余韻に浸っているところです。初参戦で、ぶっちゃけ予習もちょっとおぼつかない…

【さよなら私のクラマー】1巻の感想!「新川直司先生が描く、女子サッカーの未来」

『さよなら私のクラマー』の1巻感想。『四月は君の嘘』の作者・新川直司先生の新作は、女子サッカーが題材!近年、なでしこJAPANの活躍で知名度は上がったものの、まだまだ男子サッカーと比べると、厳しい環境にある印象がある。新川先生が女子サッカーを題…

傷物語Ⅱ 熱血編 感想「みどころはバトルシーンと羽川さんの・・・」

傷物語 熱血編の感想。あっという間の69分間。ただただ映像美に圧倒され、羽川さんの可愛さに身悶える時間だった。なんなのもう、可愛すぎるでしょ委員長!バトルシーンは迫力たっぷり!原作のあっさり感を再現したのかな?ってくらいすぐ終わった印象がある…

秋アニメ『オカルティック・ナイン』第1弾PVが公開!イシグロキョウヘイ監督×A-1 Pictures!

秋アニメ『Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-』の第1弾PVが公開!それと同時にスタッフ・キャストが公開! 監督は『四月は君の嘘』を担当したイシグロキョウヘイ監督!最近何されてるのか気になってたので、嬉しいニュースですね。製作はA-1 Pictures…

俺ガイルの渡航先生の新作!『ガーリッシュ ナンバー』で描く声優業界の光と闇。

俺ガイルの渡航先生の新作『ガーリッシュ ナンバー』の感想。今回の舞台は声優業界!軽妙なわたりん節が相変わらず心地よく、すらすら楽しく読めちゃう。しかも女の子が可愛いからね。これ、めっちゃ大事。仕事なし×やる気なしの新人声優・烏丸千歳が向き合…

【彼女はろくろ首】新世代のラブコメ!鹿井ちゃんの可愛さに首ったけ!

Kindle版の1巻がたまたま無料お試し中だったので読んでみた『彼女はろくろ首』にはまってしまいそう。前々からタイトルと絵柄が気になっていた作品でして。1巻を読んだ感想をつらつらと語っていきます。主人公の鹿井なつきちゃんは高校1年生。黒髪ショートカ…

【セールの戦利品】Amazon Kindle Fire を てにいれた !

今となっては懐かしい、7月12日。Amazonプライム会員向けのプライムセールが行われていたわけですよ。特に何もほしいものはなかったし、眺めてるだけになるかなーと思っていた矢先。Twitterでフォロワーさんが魅力的な商品をつぶやいているではないですか!A…

【オススメ10選】カバー裏におまけがある漫画は面白いという風潮。

コミックスの本編を読み終わって、ふとカバーを外したときにおまけがあったら、何だか嬉しい気分になりませんか?小さい頃は、限られたおこづかいでやりくりしてたこともあって、カバー裏や巻末におまけがある漫画が好きだったなあ。自論ですが、カバー裏に…

8月17日は新川直司デー!『さよなら私のクラマー 1巻』&『四月は君の嘘 Coda』同時発売!

四月は君の嘘 Codaの発売に続き、さよなら私のクラマー 1巻の発売も決定!8月17日に同時刊行!これは嬉しすぎる…!! そして8月17日には『さよなら私のクラマー』コミックス1巻が発売されます‼ 『四月は君の嘘 Coda』と同時発売。皆様よろしくお願いいたしま…

【2016夏クール】イチオシのアニメはこれだっ!8作品をご紹介!

季節は流れに流れて、もう7月ですか。いつの間にか春クールのアニメも終わりを迎え、夏の番組が始まっているようで。結局、カバネリとジョーカーゲームは完走。ふらいんぐうぃっち、逆転裁判、ジョジョをちょこちょこ見るといった感じの春でした。相変わらず…

【甲鉄城のカバネリ】第12話(最終回)感想「お米をたらふく食べる明日を目指して!」

甲鉄城のカバネリ 第12話(最終回)「甲鉄城」感想。生駒の勇姿を見届けよ。 両雄の共演、ふたたび。 無名を助けるため、金剛郭へ乗り込む生駒と来栖。大量のカバネをなぎ倒していく。ふたりが背中合わせで戦うシーンがまた見られたのはアツい!黒血漿で強化…

【甲鉄城のカバネリ】第11話 感想「物語はクライマックス!立ち上がれ、生駒!」

甲鉄城のカバネリ 第11話「燃える命」感想。溢れる鰍の母性。生駒の覚悟がアツい。 臆病者に成り下がる 無名に刺され、崖下に落ちた生駒はなんとか命は助かったようす。けれど、たった一匹のカバネにさえ怯え、逃げ惑う始末。体は大丈夫でも、心が死んでしま…

【からかい上手の高木さん】高木さんの可愛さに悶絶する人続出!からかい女子ブーム、来たれり。

『からかい上手の高木さん』既刊3巻読み終わりました。帰りがけにふらっと寄った本屋さんで特集されてたのを見て、衝動買い。高木さんにからかわれて、照れる西片くんと、それを見て楽しんでる高木さんがほほえましくて。ほら、男の子って子供の頃、好きな女…

『灰と激奏のグリムガル –Grimgar, Live and Act-』 感想!朗読×演奏の最高なイベント!

本日、6/19開催のグリムガルのイベント『灰と激奏のグリムガル –Grimgar, Live and Act-』をニコ生のライブビューイングで視聴。無料の15分だけじゃなくて、土壇場で全部見ることに決めてほんとに良かった。2時間予定が、まさかの休憩挟んで3時間半の長丁場。…

物語シリーズが電子書籍化!7月1日から刊行スタート!配信スケジュールをまとめてみた。

物語シリーズが電子書籍化スタートとの知らせが飛び込んできましたよ!結構冊数あるからかさばっちゃうし…と原作の購入を躊躇っていた人には朗報ではないでしょうか。 しかも『化物語』は電子書籍限定の表紙つきで、全3巻構成に。上には書き下ろしのあとがき…

【甲鉄城のカバネリ】第10話 感想「絶望に次ぐ絶望…生駒は立ち上がれるか。」

甲鉄城のカバネリ 第10話「攻め上ぐ弱者」感想。逞生が…無名が…生駒が…。 逞生、大活躍! 克城の機関室を押さえるため、作戦を実行に移す生駒たち。生駒の部下を逞生が倒したのは見事!遠回しにデブは血多いみたいな感じで煽られてたもんね。こっちまでスカ…

【甲鉄城のカバネリ】第9話 感想「美馬の復讐劇が、いま始まる」

甲鉄城のカバネリ 第9話「滅びの牙」感想。滅火と「滅び」がかかってるんですね。 荒れる磐戸駅 美馬を警戒して、克城は磐戸駅へは入れない。そこで美馬は、無名を利用して橋を下ろさせようと画策する。「克城のみんなを入れるため」と騙された無名は、あっ…

【甲鉄城のカバネリ】第8話感想「美馬さまはまっくろくろすけ!」

甲鉄城のカバネリ第8話「黙す狩人」感想。美馬のセリフでタイトル回収。 喧嘩っ早いよ生駒くん! 美馬と出会って早々、喧嘩腰の生駒。そんな生駒を含めて、甲鉄城の面々を克城に招待する美馬の懐の深さよ。城の修理を自ら買って出るなど、良い面も見せるが内…

【甲鉄城のカバネリ】第7話 感想「夜空に願いを」

甲鉄城のカバネリ第7話「天に願う」感想。お饅頭をほおばる菖蒲さま可愛すぎか! つかの間の休息 顕金駅を出てから、初めて人のいる無事な倭文駅に到着。甲鉄城の改修に必要な鉄や食料、服などの物資を買い出しに行くことに。生駒と逞生が武士をやりこめたり…

【甲鉄城のカバネリ】第6話 感想「ひとりひとりが自分にできることを」

甲鉄城のカバネリ 第6話「集う光」感想。息つく暇もないくらい、あっという間の30分だった。 「弱くない」 瓦礫の下敷きになり、どこかしおらしくなる無名ちゃん。5話の無茶しているようすと違って、可愛らしい。「あたしはカバネリに噛まれたことなんてない…

【だがしかし】5巻の感想&登場した駄菓子をご紹介!ブラックサンダーきたー!

だがしかし5巻はアニメの宣伝回あり、お泊まりイベントあり、おやつカンパニーとのコラボ回ありと盛りだくさんの内容に!お泊まりでは定番の女子陣のお風呂シーンと、それを覗こうとする男子陣の葛藤が面白かったですね。 「法の下で裁かれる形じゃなくて、…

『魔法使いの嫁』人外×少女の織り成す物語に、心惹かれる。

またひとつ、素晴らしい作品に出会えた。日常生活でゴリゴリ削られる気力を回復できたような気がするよ。その作品とは、『魔法使いの嫁』。マンガ大賞2015にもノミネートされ、今年にはアニメ化プロジェクトが始動した作品。知る人ぞ知るというイメージだっ…