とあるカワウソのつぶやき。

四月は君の嘘が大好きなカワウソ。好きな漫画やアニメについて語るブログです。

本の感想

『忍物語』モンスターシーズン開幕!大学生になった阿良々木くんが出会う怪異とは?

物語シリーズ『忍物語』の感想です。オフシーズンを経て、モンスターシーズンが開幕!表紙の忍ちゃんがまさに"鬼"な感じでめっちゃ好き。 大学生になった阿良々木くんが出会う吸血鬼に関する事件。神原駿河が所属していたバスケ部の後輩たちが、次々とミイラ…

【打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?】原作小説の感想「なずなと典道がたどり着いた結末は…?」

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の原作小説が、映画の公開に先駆けて発売!この夏の話題作ということで、さっそく手に取った次第です。 そもそも『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』って? 『打ち上げ花火、下からみるか?横か…

『結物語』23歳の阿良々木暦が出会う怪異!ガハラさんと交わす、ふたりだけの愛の言葉が美しい。

物語シリーズ最新作『結物語』の感想。「結」は「むすび」と読むんですね。てっきり「ゆい」かと。「それもまたムスビ」と市原悦子さんの言葉が脳裏に浮かびます。作品は違いますけれど。結物語の語り部は、23歳になった阿良々木くん。まさか彼が警察官にな…

声優グランプリ2月号であやねると夜のお散歩デート!

本日、1月10日発売の声優グランプリ 2月号にて、あやねること、佐倉綾音さんとのデート企画が実現!ありがとう、声優グランプリ編集部のみなさん…!しかもピンナップポスターもついてくるって買うしかなくないですか? このツイート見た瞬間、速攻ポチりまし…

『掟上今日子の推薦文』今日子さんが推薦したもの、なーんだ?

忘却探偵シリーズ第2作の『掟上今日子の推薦文』を読了。まさか、前作で語り部を務めた厄介がリストラされるとは。てっきりホームズとワトソンの関係みたく、彼が今日子さんの助手的ポジションに落ち着くものかと。備忘録のラストの続きをちらっと伺い知れる…

『掟上今日子の備忘録』シリーズ第1作!今日子さんのために毎日をがんばるまである。

忘却探偵シリーズ第1弾の『掟上今日子の備忘録』を読了。本屋さんで見かけてから、気になってはいたものの、手に取るまではいかず。いつか読みたいなと思っていたら、はや2年の歳月が流れ、シリーズは8作まで膨れ上がってしまうという。他の作品も執筆しつつ…

『珈琲店タレーランの事件簿』5巻はアオヤマさんの過去の淡い想いが明かされる。

1年9ヶ月ぶりに、タレーランの新刊が発売になりました。巻を重ねても、アオヤマさんの「んぐぁ」は健在です。思えば、1巻と出会ったのはもう4年も前になりますか。美星さんとアオヤマさん、藻川さんたちが繰り広げる物語に惹かれ、「読み終わりたくないなあ…

【ガーリッシュナンバー】原作2巻の感想!「売れる声優には二通りのタイプしかない」

絶賛アニメ放送中の『ガーリッシュナンバー』原作小説2巻の感想。アニメは千歳がイベントの舞台に上がるところからスタートしましたが、そこに至るまでの経緯とは!? ガハハ!勝ったな! アニメより毒多め、ラノベ原作者の自虐多めでお送りしております。千…

『いきものがたり』感想。いきものがかりの歩んできた軌跡と、起こしてきた奇跡が詰まった1冊!

『いきものがたり』を約1ヶ月かけて読み終えました。いきものがかりの歩んできた軌跡と、起こしてきた奇跡が描かれる。いきものがかりの歴史を、リーダーの水野良樹さんの視点で語られる自叙伝的ノンフィクションです。もともと、よっちゃんがTwitterで連載…

『君の名は。Another Side:Earthbound』感想。本編がさらに味わえる外伝小説!

『君の名は。』が破竹の勢いで、たくさんの人を感動の渦に巻き込んでいる。公開前に新海監督が書いた小説を読んだときには、こんな大ヒットは想像できなかった。けれど、公開された映画を観て納得。美しい映像と、緻密に組み上げられたストーリー、RADWIMPS…

俺ガイルの渡航先生の新作!『ガーリッシュ ナンバー』で描く声優業界の光と闇。

俺ガイルの渡航先生の新作『ガーリッシュ ナンバー』の感想。今回の舞台は声優業界!軽妙なわたりん節が相変わらず心地よく、すらすら楽しく読めちゃう。しかも女の子が可愛いからね。これ、めっちゃ大事。仕事なし×やる気なしの新人声優・烏丸千歳が向き合…

小説『君の名は。』感想「広い世界で、だれかひとりだけを探して」

小説『君の名は。』を読んで、映画がより楽しみになってしまった。あのシーンをどう描くのだろう。音楽との組み合わせは。などなど、どんどん気になる点が湧いてくる。「『君の名は。』はアニメーション映画という形がいちばん相応しいと思っていた」と新海…

『小説の神様』物語は、永遠だ。物語を愛するすべての人へ贈る作品。

「小説は、好きですか?」そう問われると、間違いなく好きだと答える。読書量は、巷の読書好きの皆さんには遠く及ばないけれど。好きなものは好きなのだ。小説から、生きる活力をもらうことがたくさんある。人生を変えられたことだってある。出会って良かっ…

読むとお酒が飲みたくなる!『日本酒BAR「四季」春夏冬中 さくら薫る折々の酒』

『かやのみ』を見て、日本酒に興味を持った人にオススメしたい作品。『日本酒BAR「四季」春夏冬(あきない)中 さくら薫る折々の酒』は、人々の思い出に優しく寄り添ってくれている。ひょんなことから新潟の実家から、東京に一人飛び出してきた北条冴蔵(さ…

『砕け散るところを見せてあげる』結局、最後の一文ってどういうことなの?

浅野いにおさんのイラストが表紙の『砕け散るところを見せてあげる』。そのイラストの美しさと、タイトル、帯に惹かれて思わず手に取ってしまいました。作者の竹宮ゆゆこさんは『とらドラ!』や『ゴールデンタイム』で有名。恥ずかしながら、両方ともまだ未…

心がほっこり、優しくなれる小説。『晴追町には、ひまりさんがいる。恋と花火と図書館王子』

ひまりさんシリーズ第2弾『晴追町には、ひまりさんがいる。恋と花火と図書館王子』の感想!ひまりさんシリーズに出会えて、幸せ。この本に出会えてよかったと思える瞬間があるからこそ、読書はやめらんない!「お犬さま」の伝承が残る晴追町に、新しい季節が…

「恋より軽く、好意よりも深く。」可憐百景

思わず表紙買いしてしまった「可憐百景」。表紙だけでも買う価値ありだと思う。夜ノヤッターマンや、ばらかもんにかかわったなかやまさんの作品だそう。ものすごく好みの絵! 可憐百景 (ノベライドル) 作者: 文野はじめ,なかやま,小椋哲郎,幻夜軌跡,無義歩 …

「佐倉綾音とは、正義。」インタビューを読み終えて。

「佐倉綾音とは、正義。」B.L.T.VOICE GIRLS VOL.25の表紙が公開されるやいなや、あやねるファンを中心に、大きく話題となった。編集者は、このキャッチコピーにどんな想いを込めたのだろうか。 1万字のインタビューから見えてくるもの 1万字のインタビュー…

深夜に出会った人妻と鬼ごっこ?『晴追町には、ひまりさんがいる。はじまりの春は犬を連れた人妻と』

主人公の春近くんが好きになる相手は、いつも人妻。どういうわけか、人妻に惹かれてしまうのだ。大学二年になったのをきっかけに、一人暮らしを始めたものの、慣れないことだらけ。ずっと眠れない日々が続いていた。どうせ眠れないなら、と深夜の散歩に出か…

【備忘録】ちきりんさんの「マーケット感覚を身につけよう」を読んで考えたこと

社会派有名ブロガーのちきりんさんの新刊が出たので、早速読んでみた。 マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法 作者: ちきりん 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2015/02/20 メディア: 単行本(ソフト…