読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるカワウソのつぶやき。

四月は君の嘘が大好きなカワウソ。好きな漫画やアニメについて語るブログです。

【Charlotte】第7話 感想 「歩未の愛、母の愛、奈緒の優しさ」

スポンサーリンク

f:id:kwusbb:20150816125849j:plain

 

Charlotte(シャーロット) 第7話「逃避行の果てに」感想。ネタバレ注意。

歩未ぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃーーーーーーー!!

予告から嫌な予感はしていたけど、歩未が死亡。

まじかよ…もう、あの元気な歩未は見られないの?

またピザソースでご飯作ってよ。甘ったるくてもいいからさ…

 

死んだっていうのはブラフで、研究者に連れて行かれたオチとかではない…?

ただ、その展開でも救われないような気が。

今後出てくるであろう乙坂家の兄(?)とその仲間たちに保護されてる展開もある?

このまま歩未が退場してしまうのは、もったいないし、

何らかの形で再登場してほしいな。

ショックのあまり、引きこもる有宇を訪問したのは・・・

歩未が死んだショックから家に引きこもり、

ひたすら金さんラーメンを食べ続ける有宇。

高城や柚咲の訪問にも、外に出る気配なし。けどちゃんと玄関までは行くんだね。

 

有宇の家の鍵が突然開けられ、部屋に入ってきたのは白柳さん。モブ柳さん。

1話で有宇に命を助けられた(と思ってる)女の子。まだ出番あったのか!

転校して会うことも難しいって言ってた有宇をばっさり切ったくせに、何を今更…

f:id:kwusbb:20150816125908j:plain

 「力になりたい」という彼女の言葉は、彼には届かない。そりゃそうだ。

「パシリしてくれんの?」ってセリフはくずすぎて、ちょっと笑えた。

 

彼女はおそらく研究者?黒服?の差し金だったようで、

彼らの手から逃れる意味もあり、有宇の逃避行スタート。

荒れる荒れる・・・

f:id:kwusbb:20150816125952j:plain

電車に揺られ、辿り着いた場所で

ネカフェに泊まり、団子とピザを食べ、ゲーセンでゲームをするだけの廃人生活。

落ちるところまで落ちたな…

ピザを選んだのは、無意識的に歩未の作ったピザソース料理を求めていたから?

 

ゲーセンでのいざこざから始まった喧嘩を皮切りに、

売られた喧嘩は買う主義だ!と言わんばかりに、喧嘩しまくる有宇。

能力使ったらそりゃ負けないでしょうよ。

 

喧嘩相手が持っていた麻薬(?)を吸おうとしたところに誰かからの突然のキック!

 

満を持して、奈緒きたーーーーーーーー!

ネカフェでサラダが差し入れられていた時点で、

誰かいるんだろうなとは思ってたけど、奈緒だったか!

f:id:kwusbb:20150816130010j:plain

 「いつから?」と聞く有宇に、「ずっとです」と答える奈緒。

有宇の家、電車、ネカフェ、ゲーセンetc...で彼を見守りつづけていた

奈緒のカットが続くシーンは、正直グッときた。

彼女なりに歩未の死に責任を感じていて、残された有宇を気にかけていたんだって。

 

「任意のひとりのみから、自分の姿を消す」能力を

持ってる設定がこんなにも活かされるなんて。7話まで見てきて、ほんとに良かった。

逃避行の果てに

「一口だけご飯を食べたら、お互い二度と関わらない」約束のもと、

ふたりが向かったのは、高城の実家。

なんで高城の実家に?しかも誰もいないってどういうこと?

このあたりは今後明かされるのだろうか。

 

奈緒が作ったのは、なんと乙坂家ひでんのオムライス!

なんで作れんの!? 

 

有宇の母が料理のレシピを残しており、

そのレシピのオムライスのページに大きな花丸がつけられていたそう。

有宇の大好物だから。

それを見た歩未が、有宇のためにオムライスを作り続けていたんだ。

いっつも弁当になってて、

しかも甘くて辟易していたオムライスにそんな秘密があったとは…

  

オムライスを食べながら涙を流す有宇と一緒に泣いてたよね。

こんなの、泣かずにはいられないよ・・・

 

歩未の愛、母の愛、奈緒の優しさを感じた瞬間。

今まで感想書いてなかったのに、書かずにはいられなかった。

それくらい心に残る7話だった。

 

逃避行の果てに、生徒会に戻る決意をした有宇。

いやー、このまま廃人にならなくて安心したよ。

 

第8話のタイトルは「邂逅」という訳で、ついに兄の登場?

予告編の公開が待たれる。 ちなみに、7話後のふたりのカットが公開!

にやにやが止まらない。

 

お似合いのカップルとしていちゃいちゃしてくれてもいいんだよ?

そんなアニメじゃないのは分かってるけど、幸せになってほしいな。