読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるカワウソのつぶやき。

四月は君の嘘が大好きなカワウソ。好きな漫画やアニメについて語るブログです。

【四月は君の嘘】8/20 クラシックコンサートフィナーレ2015@兵庫 感想

スポンサーリンク

f:id:kwusbb:20150820225351j:plain

 

最高だった以外の言葉が思い浮かばない。

ずっと余韻に浸っていたいぐらい、素晴らしいコンサートでした。

 

席は前から2番目でばっちり舞台がうかがえる位置!

演奏者の表情が見え、息づかいまで聞こえるほどの距離で満喫。

 

開演前には、スクリーンで名場面の数々が映し出される。

始まる前から、君嘘の世界に入り込んでいく。

 

演奏は、『ショパン:練習曲Op.10-12<革命のエチュード>』からスタート。

武士がスランプを乗り越え、

目標でもあり、ヒーローだった公生に別れを告げる曲。

この曲から始まるとは…!!初っぱなから飛ばしてきます!

 

続いて、『クライスラーラフマニノフ編:愛の悲しみ ピアノ独奏版』。

いちばん、君嘘の曲の中で聴いた曲かもしれない。

アニメの演奏シーンが思い浮かんで、ちょっと泣きそうに…

 

ピアノ版に続いて、『愛の悲しみ』を

ガラコンで、本当なら公生とかをりが披露するはずだったバージョンで。

「もし」はありえないけど、ふたりが演奏していたら

こんな感じだったのだろうかと思いながら聞き入っていました。

 

愛の悲しみのあとは、ピアノ曲3連続!1曲目は『ドビュッシー:月の光』。

イントロで椿の顔が浮かんできた。キャラソンで何度も何度も聴いたから、覚えてる。

心地良い音色が響き渡る。

 

2曲目、『ベートーベン:ピアノ・ソナタ第14番<月光>第三楽章』。

公生が、母の死後のコンクールで弾いた曲。

劇中では途中で演奏を止めてしまったけれど、今日はフルで。

 

3曲目は、『スクリャービンエチュード嬰ニ短調 作品8-12』。

絵見が、毎報コンクール二次予選で演奏。

情熱的な演奏が耳に残ってる。

 

 ヴァイオリン、ピアノに引き続き、

第2期のED、『オレンジ』の公生とかをりの演奏Ver。

正直、涙を堪えるのに必死。こらえきれずにちょっと泣いちゃった。

阪田さんのピアノのイントロを聴いた瞬間、胸がいっぱいに。

 

曲自体の良さもさることながら、演出が反則。

2番が始まった瞬間、舞台後ろのスクリーンにアニメの映像が映し出される。

病院の屋上でかをりがエアヴァイオリンを披露したシーンに続いて、

最終話の告白シーンを流すなんて・・・

ハンカチで涙をぬぐう人がいっぱい。

 

オレンジのあとはトークタイムに突入。

阪田さんがキャラとの距離の縮め方で悩んだエピソードを

話されていたのが印象的でした。

特に絵見は女の子の情熱的な演奏を!と監督にリクエストされたそうですが、

女の子でもないし、あんなに情熱的なタイプでもないしで苦労したとのこと。

 

それにしても、阪田さん、よくしゃべるしゃべる。

真面目キャラかと思いきや、積極的にボケにいったり、

良い意味でギャップがあって面白かったです。

 

トークタイムが終了し、

篠原さんの演奏する『サン=サーンス:序奏とロンドカプリチオーソ』。

作品的に大きな意味を持つ曲。

唯一かをりと公生が一緒に演奏して、大喝采を浴びたのが忘れられない。

名言「アゲイン」が生まれた曲でもあります。

 

f:id:kwusbb:20150820225458j:plain

 

そしてそして、『ショパン/イザイ編:バラード1番』へ。

最終回で、公生とかをりが幻想的な世界で、演奏していた曲。

アニメの映像と、実際の演奏が合わさり、まるでふたりが現実世界にいるかのよう。

 

この曲、とても技術的に難しい曲だということだそうで。

篠原さんが演奏後、頭が真っ白と言っていたほど。

 

パンフにはこの曲までしか書いていなかったので、終わりかと思いきや!

 

ラストは愛の悲しみと対になる、『愛の喜び』。

まじですかー!会場中の人がそう思っていたはず。

「悲しみになれておくためよ」と公生母が語っていたように、

愛の悲しみは、みなさん何度も何度も聴いてるはずなんですよ。

 

しかも、愛の喜びは劇中では披露されていないですからね…

それをクラシックコンサートのフィナーレ、

モデルアーティストのおふたりの演奏で聴けるなんて、感無量。

 

素晴らしい演奏を聴いたあとの、

これ以上音いらないな・・・という気持ちが少し分かったような気がします。

もうお腹いっぱいの約2時間でした。

 

クラシックコンサートフィナーレ2015と題しているくらいなので、

2016、2017と開催されることを祈ってます!