とあるカワウソのつぶやき。

四月は君の嘘が大好きなカワウソ。好きな漫画やアニメについて語るブログです。

【Project-Itoh第1弾】屍者の帝国!死者蘇生技術が発展した世界観にわくわく!

スポンサーリンク

f:id:kwusbb:20150902155736j:plain

 

前売券にブックカバーがつくということで、買ってしまいました。

 

屍者の帝国』、『虐殺器官』、『<harmony/>』は

若くして亡くなってしまった伊藤計劃の小説。

著書は少ないながらも、

SF小説として評価が高く、ファンが多いという印象があります。

以前から読みたいとは思うものの、まだ手を出せていなくて…

 

その3部作が10月、11月、12月と3ヶ月連続でノイタミナから

Project-Itohとしてアニメ化されることが決定しています。

 

第1弾は、10月4日に公開される『屍者の帝国』。

伊藤計劃の絶筆した原稿を円城塔が完成させた一作です。

 

舞台は、「死者蘇生技術」が発達し、屍者を労働力として扱っている19世紀末。

主人公ワトソンは親友フライデーとの約束のとおり、

彼を違法に屍者化することを試みる。

 

ワトソンは、技術と魂の再生への野心をとある機関に見込まれ、

まるで生者のように意思を持ち、言葉を話す最初の屍者を生み出す技術が

記されているという「ヴィクターの手記」を捜索しにいく…。

 

あらすじを読むに、蘇らせた死者に魂は宿ってないようで。

動きはするけど、話もしないし、感情もないってところでしょうか。

 

キャッチコピーは

「求めたのは、21グラムの魂と君の言葉」

痺れますね…!

ワトソンの行く末、フライデーに魂は宿るのか。

もしそうなれば、生者と屍者の違いとは。気になります。

 

 

原作未読なので、読んでから映画に臨むか、

読まずに映画を楽しむか、迷うところです。

屍者の帝国 (河出文庫)

屍者の帝国 (河出文庫)