とあるカワウソのつぶやき。

四月は君の嘘が大好きなカワウソ。好きな漫画やアニメについて語るブログです。

【四月は君の嘘】第11話 感想「僕らはまだ 旅の途上にいる」

スポンサーリンク

四月は君の嘘 第11話「命の灯」感想。結末を知ったあとに書いているので、ネタバレ注意。アバンは別のヒーローアニメかと思った。

僕らはまだ 旅の途上にいる

毎報コンクールでの演奏を終えた公生。ロビーで2年ぶりに紘子さんと再会する。公生をピアニストにしようと勧めたのは紘子さん。

自分のせいで、家族の幸せな時間を奪ってしまったという思いから、有馬家から遠ざかっていた。公生がまたピアノを弾き始めて、紘子さんはどれだけ嬉しかったんだろう。彼女は今後、公生の良き指導者となり、彼を見守ってくれる存在に。

f:id:kwusbb:20151231203615j:plain


「ロングの子?ショートの子?どっちが好きなの?」と公生に尋ねる紘子さん。ロングの子なんだよなあ…。

「ピアノが歌ってたじゃん「君が好きです」って」

ピアノは奏者のすべてを引きずりだす。公生はまだ、自分の気持ちに気付いてはいないけれど。彼女の台詞は、真意をついている。

紘子さんは、帰ろうとする公生に結果発表の場にいなさいと言う。悔しさ、嬉しさが入り交じったコンクールの結果発表。途中で演奏を中断した公生の名前は、もちろんない。

憧れ続けた公生の無様な結果に落胆し、怒りすら湧いている武士。「何だよあの演奏!今まで何やってきたんだよ!」と公生をなじる。

「手抜きなんてしてないよ 精一杯やった」
「それでも不細工な演奏なんだとしたら それは今のありったけの僕だ」
「僕らはまだ 旅の途上にいる」


公生も、絵見も、武士も、かをりも、みんなみんな旅の途上。旅の果てなんてないのかもしれない。「自分の音楽が届いた瞬間をもう一度体験したい」自分の弾く理由を見つけた公生は、旅に出る。公生の名言ですよ。現実でも使えそうなかっこいい台詞。

コンクールからの帰り道、悔しさで叫びながら電車と走った姿は青春って感じでいいなあ。公生もちゃんと男の子してる。ヒューマンメトロノームと呼ばれた頃の彼は、もういない。

ガラコン出場決定!

かをりのもとに、藤和コンクール事務局からガラコンの招待が届く。かをりと、公生の演奏がまた見られる!

「君はどうする?」と淡々と聞くかをりの言葉が、心に響いた。種田さんの演技さすがです。

f:id:kwusbb:20151231203511p:plain


選んだ曲は、クライスラーの愛の悲しみ。愛のよろこびの対になる曲。なぜこの曲を選んだのかは、今後明かされていく。公生が他の曲にしようと促した理由も同じく。

演奏の練習をする前に「もう少しだけ 私と一緒にいてね」と、ヴァイオリンに呟くかをりの言葉が悲しい。彼女はもう、この時点で自分の命が短いことを知っている。

だからこそ、「もう少しだけ」と言ったんだと思う。物語の節々に、結末につながる伏線が撒かれている。1クール目の後半から、あからさまに感じるくらい。

君がいたんだ

練習を終えた帰り道。土稜橋沿いでホタルがたくさん飛んでいるのを見つけるふたり。消えそうで弱々しく光るホタルは、かをりの現状を表しているようで。今思えば、第11話は、結末を示唆するような表現に溢れている。

「どうでしたか?久しぶりのコンクールは?」とインタビュアーの真似をして尋ねるかをちゃんが可愛すぎて。守りたかった、この笑顔。

f:id:kwusbb:20151231205738p:plain


「みんな個人的な想いに支えられていた」
「無垢なままで人は一人で舞台に立てないのかもしれない」と公生は答える。

「君は?君は心に何を持ってたの?何を支えにしたの?」

「君がいたんだ」

もうこれ告白でしょう!答える前に公生が拳をぎゅっと握るところとか、キャラソンがシーンを盛り上げ、ここぞというタイミングで止まるところとか、たまらない。君嘘のなかで、好きなシーンのひとつ。

f:id:kwusbb:20151231205417p:plain


だけど、公生の言葉を聞いたかをりの表情が切ない。ホタルの色がビミョーに変わっている点にも注目。イシグロ監督が円盤のコメンタリーで語ってくれなければ、気付けなかったかもしれない点。彼女の複雑な想いが表されているのではないかと思います。

僕がいつもそばにいて助けてあげられるとは限らないんだよ」意味深なかをりの台詞で、1クール目はエンド。リアルタイムで見てたら2週間お預けだったなんて、耐えられない。物語が大きく動く2クール目へ、物語は突入していく。3月まで振り返っていきたいと思います。


四月は君の嘘(5) (月刊少年マガジンコミックス)
四月は君の嘘 6 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

関連記事

【四月は君の嘘】第12話 感想「今日の主役の座は 僕らがもらいます」

四月は君の嘘 感想記事まとめ!

スポンサーリンク