読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるカワウソのつぶやき。

四月は君の嘘が大好きなカワウソ。好きな漫画やアニメについて語るブログです。

BUMPの新アルバム「Butterflies」はリピート必至!結成20周年にふさわしい、歴史を感じる1枚。

スポンサーリンク

BUMP OF CHICKENの新アルバム「Butterflies」が発売。結成20周年イヤーだし、記念にってことで久々にBUMPのCDを買ったわけなんですが……

なにこれめっちゃ良いアルバムじゃない!?


正直言って、最近はほとんどBUMP聞いてなかったんです。いちばん聞いてたのが「ユグドラシル」で、「COSMONAUT」までは何とか話についていけるレベル。「RAY」にいたっては、通して聞いたことはない。

そんなBUMPから遠のいていた僕をまた虜にしてくれるだけの曲たちが「Butterflies」には詰まってる。同じような境遇の人は、一度でいいから聞いてみてほしい。

GO→Hello,world!→Butterflyの流れが神がかってる

11曲とアルバムにしては少なめの構成。テンポ良い曲が多い印象かな。1曲目の「GO」から「Hello,world!」、「Butterfly」につながる流れがめっちゃお気に入り。この3曲だけ延々とリピートしてるくらい。

GOで扉が開いて、「Hello,world!」で世界を見据え、「Butterfly」で飛び立つ、みたいなイメージ。タイトルから勝手に想像しただけで根拠はありません。

Butterflyの「明日生まれ変わったって 結局は自分の生まれ変わり」っていうフレーズがめっちゃ好き。人生は結局、毎日毎日の自分の積み重ねでしかないんだなあと。EDMを取り入れて、メロディ的には新しいのに、「悲鳴」「やり方」「〜なまま」「旗」「魂」「消せない」といった言葉が、往年のBUMPを思わせる1曲。

Butterflyだけじゃなくて、どの曲もむかしの曲を匂わせる歌詞になってると感じたのは僕だけ?教えて、BUMPのファンの人。

3月のライオンの世界観を見事に表現した「ファイター」

アルバムのトリを飾るのは、3月のライオンとコラボした曲「ファイター」。

3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)

3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)

 


歌詞を読めば読むほど、主人公の零くんの姿がありありと目に浮かぶ。1番では苦しみもがきながらも、棋士として成長していく彼の姿。2番では、川本家で温かさを知った零くんの、あかりちゃんへの想いが描かれていると思いました。


この PVは、泣ける。「ファイター」は、零くんの、告白だ。

初回限定版にはお得な特典が!

Butterfliesの初回版には、LIVE映像とMusic Videoが収録された円盤も付属。2015年に行われたスペシャルLIVEを家で味わえる。

懐かしのあの曲やこんな曲から、アルバム収録曲まで。会場で参加した、たくさんの人の歓声、笑顔。ライブビューイング会場で大合唱するようす。見れば必ず、BUMPのLIVEに行きたくなるはず。

さらにさらに、2016年に実施されるBFLY TOUR各公演、FINAL公演のCD購入者向けの応募券も付いてる。BUMPの20周年イヤー、はんぱねえ。こちらは期限が迫っているので、ちょっとでも気になった人はすぐ買うべし!

Butterflies(初回限定盤)(Blu-ray付)

Butterflies(初回限定盤)(Blu-ray付)

 
スポンサーリンク