読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるカワウソのつぶやき。

四月は君の嘘が大好きなカワウソ。好きな漫画やアニメについて語るブログです。

【いきものがかり】新曲『ラストシーン』のMVがフル公開!まさに四月は君の嘘のための曲だ!

スポンサーリンク

いきものがかりの新曲『ラストシーン』のMVがフル公開。劇場版『四月は君の嘘』の主題歌になっています。未亡人・吉岡聖恵の演技にも注目。


公開されてから何度も何度もリピートして聴いてる。この曲は、まさに四月は君の嘘のための曲だと思う。

歌詞から、君嘘で描かれた景色がありありと想像できる。かをりが公生の手を取って、コンクール会場へいざなう姿。「君はどうせ君だよ」と公生を励ますかをりの姿。踏切の向こうへ消えていくかをりの姿。

聴いているうちに、公生とかをりが紡いできた物語の数々がどんどん目に浮かんでくる。

1番はかをりとの思い出を振り返る公生の想い。2番は、かをりがいなくなった世界で生きている公生の独白のようで。言葉にできなかった想いを抱える公生が描かれていると思うんですよね。

「いつも追いかけるだけで 君の背中ばかり見ていた 隠していた涙も知らずに」の歌詞がもう、ピンポイントに公生の状況を表してる。かをりはいつも公生の前にいて、彼を突き動かす存在だった。でも、彼女は人知れず秘密を抱えていて…

またひとつ、四月は君の嘘を彩る名曲が生まれてしまった…。実写の出来がどうであれ、主題歌の素晴らしさは変わらないわけですよ。だからみんな聴いてほしい。願わくば、CDも買ってほしいなあ、なんて。ほんとにいい曲なんだよ!

『ラストシーン』は四月は君の嘘のための曲なのは間違いないのだけれど、誰か大切な人をなくしてしまった人の心を打つ普遍性も持っていると思っていて。この普遍性、人の心に寄り添う歌詞やメロディに、僕は惹かれ続けているんだろうな。

いきものがかりのデビュー10周年を飾る『ラストシーン』は8月24日発売!君嘘ファンも、いきものがかりファンはもちろん、そうでない人もぜひ手に取ってみてください。

関連記事

いきものがかりの新曲「ラストシーン」が『四月は君の嘘』実写映画の主題歌に決定!

wacciの新曲「君なんだよ」が『四月は君の嘘』実写映画の挿入歌に!

スポンサーリンク