読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるカワウソのつぶやき。

四月は君の嘘が大好きなカワウソ。好きな漫画やアニメについて語るブログです。

【アニサマ】Animelo Summer Live 2016 2日目の感想!最高の「刻」を刻んだ一日!

アニメ・漫画 イベント
スポンサーリンク

f:id:kwusbb:20160828012702j:plain


アニサマ2日目終了しました!最高!サイコーの一日でした!こんな楽しいイベントがあるなんて!今まで参加してなかったのがもったいないくらい。いま、セトリの楽曲を聴きながら余韻に浸っているところです。

初参戦で、ぶっちゃけ予習もちょっとおぼつかないところがあって不安だったんですけど、そんなの吹き飛ばすくらいの盛り上がり!

サイリウムをぶんぶん振り回すのも初めてで、色変えるのとか、振り付けとかもイマイチだったものの、周りに合わせてたらなんとかなるなーと。むしろ気にせずガンガンぶん回すのが楽しすぎて・・・!

アニメにはまり始めて1年とちょっと、ミーハーながら参加してほんとに良かった!なにもかもが初めてのアニサマ、率直な感想を綴っていきます!

前半戦はFLOWがハンパない盛り上がり!

16時。まだかまだかと待ちわびた開演の刻。トップバッターを務めるのはB.B.クィーンズ!日本人なら誰でも知っている名曲『踊るポンポコリン』で会場は初っ端から盛り上がる!ピーヒャラピーヒャラ、パッパパラパー♪

おそ松さんの6兄弟の掛け合いが始まり、登場したのはA応P!ちびまる子ちゃんからおそ松へのバトンタッチ。昭和!

Poppin'Party、存在すら今日知ったのですが、ボーカルの赤の子は推せる。愛美さんというんですね。すぐTwitterのフォローしたあたり、ミーハー心がうかがえる…。

TRUEさんの『DREAM SOLISTER』からの北宇治カルテットトゥッティ!』の響け!ユーフォニアムメドレーは、アニメ見とけばもっと盛り上がれたんだろうなー!なぜ1話で視聴途絶えたし…。

Liaさんの『Bravely You』を聴きながら去年のCharlotteを思い出す。歌詞見ながら聴いてると、ほんと音坂有宇の人生を表してる曲だと感慨深くなる。もうあれから1年か。

「喉からCD音源」なんて言われることもある早見沙織さんの歌声はさすが。コールをしたがるはやみん、ステージで迷子になるはやみん、最高でしたね。

MICHIさんの『Checkmate!?』→竹達彩奈さんの『Hey!カロリーQueen』のだがしかしメドレーもぶち盛り上がる!しかもトロッコでわりと近くまで来てくれる神対応

竹達さんの2曲目『ライスとぅミートゅー 』から溢れる肉への愛。アイラブビーフ!アイラブポーク!ロックンロース!

コラボTシャツの『ときは肉なり』の意味がようやく分かるというね。お肉の栄養、偏ってるんじゃね?というゲス勘繰り。

プラズマジカはメンバーみんな可愛かった!ぴゅる語の挨拶を取られてすみぺに物申したげにするあやねる、全編ぴゅる語で挨拶するあやねる、ステッキで遊ぶあやねる、最高かよ。

イヤホンズはフォロワーさんに熱心なファンの方がいて、いつか生で見たいと思ってたんですよね。待望のアニサマ!りえりー!まりんかー!がっきゅー!と心の中で叫んでました。

恥ずかしがらず、ちゃんと声に出せば良かったなあ。

イヤホンズによるステージレポートのあと、『あなたのお耳にプラグイン!』からの『乙女のポリシー』はなんとご本人たちとのコラボ!

セーラームーン!会場にいたうちの何人が、石田燿子さんと永井ルイさんを知ってただろうか。たとえ知らなくとも、一緒に盛り上がれるアニサマ素敵。

そういえばステージレポ途中のコールで200、300レベル飛ばされたのにはワロタ。マトリョーシカのせいかね…。

前半戦ラストを飾るのはFLOW!ギアス、エウレカ、ナルトなどなど、盛り上がること間違いなしの曲から演奏されたのは。

新曲2曲で会場のボルテージを最高にしたあとの『GO!!』の盛り上がりがハンパない!会場中で飛び跳ね、大合唱!燃え尽きたぜ、真っ白にな…。個人的2日目のMVP。

LiSAさんがアニサマへの想いを語る姿がぐっときた後半戦

休憩を挟んで、後半戦のトップバッターはfhána!『虹を編めたら』のtowanaさんと佐藤さんの掛け合い好き。towanaさんの透き通る声に聴き惚れる。

メンバー全員がCLANNADファンのfhánaとLiaさんの『時を刻む唄』のコラボはやばない?しかも曲名が今回のアニサマのコンセプトにぴったり。神選曲かよ。

大橋彩香さんは超ぷりちー。ピンクのサイリウムでデレマスの卯月が再起する姿が目に浮かぶ。1日目のデレマスも見たかったなあ。

高垣彩陽さんと早見沙織さんの「クラシック」コラボで君嘘のキャラソン歌ってくれないかなと、ちらり期待するも、そんな甘くはない。

披露された『Komm, süsser Tod〜甘き死よ、来たれ』では二人の美声に酔いしれる。どこかで聴いたことあると思ってたらエヴァですよ、エヴァ。ちょうど最近一気見したところでした。

SCREEN modeNaked DIVEで、サビで飛び上がったり、「フゥ↑フゥ↑」言うのが楽しすぎ!

O×Tは「そぉい!」の印象がものっそい強い。オーイシさんの振りで「そぉい!そぉい!」と叫びながら飛び跳ねるのたまらん。おしゃべりメガネ兄さん最高やな・・・!


まれいたそは3曲目の前に上着脱いだのがあざと可愛い!まれいたそオタク大歓喜!そりゃレスキューしますわ…。

鈴木このみさん、まだ19歳ってマジ!?15歳からアニサマの舞台に立ちつづけてるとはびっくり。十代ラストのライブ、しかとこの目に焼き付けました。

2日目のトリを飾るのはLiSAさん!『Crow Song』でガルデモが復活したのにも関わらず、その存在すら公演後に知ったなんて口が裂けても言えない。「あれ?ふたりいるぞ?」と不思議に思ってたとかもっと言えない…。すんませんっした!

今年Fateにハマりはじめた僕にとって『oath sign』が聴けたのが嬉しすぎる!ペンライトを青色にして『エクスカリバーァァァァァ!』と叫ぶセイバーさん気分を味わう。

シルシ』を歌う前にアニサマへの想いを語るLiSAさんの姿が心にグッときた。6年前はほとんど誰も知らなかった彼女のことを、今じゃみんな知っている。素敵なことですよね。

ラストは2016年のテーマソング『PASSION RIDERS』で締め!残りの体力を惜しみなく使い果たす。もう、悔いはない。

最高の「刻」を刻んだ一日!

この「刻」のために生きてきたといっても過言じゃないくらいの瞬間の連続。最高の「刻」を刻んだ会場にいられた幸せ。きっとこの幸せは、人生の糧になっていくだろう。

アーティストのみなさん、会場のみなさんに感謝。今年はぼっち参戦だったけど、来年は誰かと一緒に行きたいな。興奮冷めやらぬなかで、帰り道に語り合うのとか絶対楽しいですもん。

ひとりでテンション上がりすぎて、パンフレット衝動買いしーの、Twitterに感想書きーので、完全に高まりを持て余してたんですよね。ブログでこうやって想いを綴って、やっと落ち着いてきたくらい。

ミーハーながらも参戦したアニサマ。来年はもっとアーティストのみなさんについて詳しくなって、より楽しんでやろうと心に誓ったいちにちでした。

関連記事

ANIMAX MUSIX 2017 OSAKA@大阪城ホール 感想!前前前世から、優勝!

スポンサーリンク