とあるカワウソのつぶやき。

四月は君の嘘が大好きなカワウソ。好きな漫画やアニメについて語るブログです。

【3月のライオン】第3話 感想「悔しい涙と、悲しみの涙と。」

スポンサーリンク

3月のライオン 第3話の感想。やっぱり二海堂は、零くんの永遠のライバルですよ!

"勝ち"への執念

零くんのライバル・二海堂晴信との出会いは、うだるように暑い夏の日。デパートの屋上で開催された将棋大会でのこと。負けが濃厚になり、体調もどんどん悪くなるなか、二海堂は必死の抵抗を続ける。

あがいてあがいて、次につながる一手を探すのは、勝ちたいからに他ならない。病気がちな彼にとって、暴れられるのは将棋盤のうえだけ。だからこそ、負けたくないという気持ちが人一倍強いのかもしれない。

「負けました」と心の奥底からひねり出すように呟き、大粒の涙を流す姿に心を打たれる。

「次は絶対に負けない」

時は進み、お互いプロになってから初対局の日。むっちり気合十分な二海堂に笑った。「むっちり」の擬音まで、完璧に再現してるんだもの。別の漫画かて。

対局が進むにつれて、二海堂の顔色はどんどん悪くなっていく。夏の日に冷房効いてないって地獄ですよ。夜まで続いた勝負の結果は、零くんの勝ち。「負けました」と告げる二海堂の姿は、昔とちっとも変わっていない。

「次は絶対負けない」とニンマリする二海堂。

f:id:kwusbb:20161030213530p:plain


お互いに競い合い、高め合う存在がいるのは、本当に素敵なことだ。勝ち負けを繰り返して、ふたりは高みを目指す。

それにしても、花岡さんの執事っぷりがたまらない…!4話で描かれるだろう彼の気遣いに、さらに期待っ!

傷はまだ癒えていないのだ

対局を終えた零くんが向かうのは、川本家。ちょうど送り盆の日ですね。あかりさんに「おつかれさま」って言ってもらいたいだけの人生だった。ごちそうによだれが止まらない。

送り火を焚いて、母と祖母をお見送り。なぜか「コンビニ行ってくる」と駆け出すひなちゃん。おじいちゃんが零くんを送り出したのは、全部分かってたんだろうなあ。

祖母と母親を失った悲しみが、まだ癒えていないことも。ひなちゃんが、みんなの前で泣くのを我慢してたことも。

川のほとりで大粒の涙を流すひなちゃん。無音になった演出に、一瞬にして引き込まれる。

f:id:kwusbb:20161030213508p:plain


ナンパ野郎がひなちゃんに近づいたときに、すかさず彼女のそばに行く零くんがかっこいい。零くんが付いてなかったらどうなってたことやら。ナイス気配り!

泣きじゃくるひなちゃんと、黙ってそばにいる零くん。七月の夜空は、ただただ美しい。

しみじみと、しみじみと「良い…」とため息がこぼれるような。原作の雰囲気そのままに、動き、声が加わることで魅力が増している。今週はもらい泣き不可避ですよ、まったく。

関連記事

第4話 感想「あかりさんにふくふくにしてもらいたいっ!」

第1話 感想「川本家のやさしさに包まれて」

第2話 感想「聖女あかりさんに介抱されたいだけの人生だった…」

スポンサーリンク