とあるカワウソのつぶやき。

四月は君の嘘が大好きなカワウソ。好きな漫画やアニメについて語るブログです。

【背すじをピン!と】10巻の感想!感動のラストに涙が止まらない…

スポンサーリンク

2月に完結を迎えた『背すじをピン!と』最終10巻が発売です。

表紙を見ただけでも泣けてくる。1巻と比べると、笑顔なのは一緒。それに加えて、自信たっぷりのふたり。物語を通して、成長してきたのが分かります。

キラキラ輝いてまぶしいぜ!

f:id:kwusbb:20170416155222j:plain

10巻では、夏の全国大会の終幕と、2年後の鹿高メンバーそれぞれのエピソードが描かれる。突然、2年の時が進んだのにはめっちゃびっくりしたなあ。その時の驚き具合はこちらで。


噛みしめるように、何度も何度も最終回を読んでは泣き、読んでは泣きしたのを覚えています。あの最終回は反則ですよ…!今まで読んだ漫画のなかでも、屈指の最終回。

ありがとうの気持ちいっぱいで書いた最終回の感想。正直、これ以上のものは書けないな、なんて思っております。

描き下ろしページがまた素晴らしい

ここからは少し10巻収録のあれこれについて。

10巻を買って、真っ先にカバーを外してニンマリ。最終巻でも横田先生はやってくれるぜ!背表紙もまたいいんだよな…。これだけは買った人だけの特権ですね。

そして、最終回後の描き下ろしページ!アニメのエピローグっぽい。言葉はなくとも、つっちー、わたりちゃんの成長がありありと見て取れる。御門くんのフォローもナイス!

個人的にいちばんグッときたのは、柏小春ちゃんの笑顔。彼女を推し続けて良かった。

めちゃくちゃ楽しそうな表情に、こちらまでニッコリ。御木くん・ターニャペアが帰国して、仲良し3組がやっと揃ったんだものね。

これにて、背すじをピン!と、真の完結です。たくさんの感動をありがとう。

彼らの今後を妄想するのも、楽しい。つっちーとわたりちゃんは、大学に行っても楽しくダンスを続けてる気がする。たまに地域の大会とか出たりしてね。

宮大工くんと柏小春ちゃんは、公私ともどもベストカップルになってると思います!

プロトタイプ 読切版『背すじをピン!と

f:id:kwusbb:20170416151932j:plain

本編に加えて、連載のプロトタイプである読切版が掲載!思えば、読切版が掲載されたのが、ブリーチが表紙の2011年46号。

横田先生の作品がジャンプに載ったのが嬉しすぎて、まだ持ってますもん。


読み返してみると、絵のタッチが全然違う!今よりリアル寄りかな。真澄くんの顔が不気味すぎるほどに。

エピソード的には、ちょうど連載版の入部〜文化祭編を圧縮した感じ。つっちーは、読切版でもかっこいいんですよ!わたりちゃんを連れ戻すときのセリフ、好き。不器用だけど、まっすぐな言葉は心に響く。

物語は終われども…

読切から始まったせすピンの物語は終わりを迎えてしまった。

けれど、真澄くんの「"誰か"の"これから"を変える場所であってほしい」の言葉の通り、人は変わっても、鹿高ダンス部は続いていく。キャラクターたちの人生も、続いていく。

毎週毎週、楽しみで夢中になったジャンプ作品は久しぶりでした。改めて、背すじをピン!とに、横田先生に、ありがとう。

ふとした拍子に読み返して、熱くなったり、楽しくなったり、涙を流したりするんだろうな。

まだ読んだことないよって人は、ぜひとも一度手に取ってほしい一作です。

(2017.6.12追記)
ジャンプに横田先生が帰ってきた!新連載『シューダン!』も名作の予感がプンプンしてます。

横田卓馬先生の新連載『シューダン!』に期待大!ジャンプのサッカー漫画のジンクスを破れるか?

関連記事

9巻の感想「舞台はスタンダードからラテンの部へ!」
背すじをピン!と 記事一覧

スポンサーリンク