とあるカワウソのつぶやき。

四月は君の嘘が大好きなカワウソ。好きな漫画やアニメについて語るブログです。

【冴えカノ】Girls Side3で恵ちゃんが正妻宣言!12巻の裏側が明かされる!

スポンサーリンク

冴えない彼女の育てかた』の外伝、Girls Side3が発売です。もはや本編に関わりすぎてて、外伝の概念が分からなくなってくるね。

f:id:kwusbb:20170620183847p:plain

今巻も、主人公の安芸倫也を離れ、各ヒロインたちの視点で物語は進む。12巻の裏側で、彼女たちが何を思い、どう行動したのか。

個人的に初代GSがいちばん好きだったんですけど、それを超えてきたかもしれぬ。英梨々ンゴ…詩羽先輩…。

心をえぐる辛い展開も、思わずニヤけちゃう展開も、すべてが愛おしい。詳細な感想は、以下で語るとしましょう。

第十二・二・五話 伊織の読み精度の高さよ

出海ちゃんを介して、伊織と恵ちゃんが口論を繰り広げる。ふたりがまともに話してるの、見たことないんですけど。

第三次正妻戦争のネーミングが秀逸。正妻の座を争って、7人のヒロインたちが血みどろの戦いを繰り広げる…のは別作品。

恵ちゃんフラットどころか相当重い女の子だよね〜。結局伊織に言い当てられた通りの展開になっちゃうんだもんな。だが、それがいい

第十二・四・五話 次回、紅坂朱音 死す。デュエル、スタンバイ!

病床に倒れた人間が、昔を懐かしむ、満足げに目を閉じるって完全にフラグじゃないですか〜!

まあ、もちろんモンスタークリエイター・紅坂朱音が簡単に死ぬはずないんですけど。

町田さんと話しているときだけは、ペンネームの"紅坂朱音"よりも本名の"高坂茜"の面が垣間見える気がする。昔なじみだもんね。

ただ、体調より創作の話を優先するあたり、やっぱりバケモンだよこの人。クリエイターが人の皮を被って歩いてるみたいなもんじゃん。畏怖の念すら覚える。

第十二・五・五話 美智留 覚醒

最初はオタクなんて〜とゲームを軽視していた美智留が、ついにハマる日がきた。熱を持って作品について語る姿は、まるであの従兄弟のよう。

オタクに、クリエイターに目覚めた美智留の頼もしさよ。いつもの接触過多な従兄弟系ヒロインはどこへやら。最強オタクリエイターの誕生です!

blessing softwareの楽曲担当にして、他のヒロインのフォロー担当。GS3のMVPは氷堂美智留で決まり!

第十二・六・五話 そして竜虎

GS3で、もっとも心に残ったエピソード。

主人公と結ばれるメインヒロインがいるならば、選ばれなかったヒロインもいる訳で。今まで物語をひっぱってきた英梨々と、詩羽先輩による慰め回。

"負けヒロイン"なんて安っぽい言葉で語るのは失礼なくらい、ふたりは魅力的なヒロインだ。

でも、冴えカノの物語上では、主人公と結ばれることはない。恋愛対象としてではなく、別の存在として認識されてしまっているから。そばにいられるとはいえ、あまりにも残酷。

幼少期の、たった一度の過ちが、とりかえしのつかない大きな溝に。澤村・スペンサー・英梨々にとってはもちろん、巡り巡って霞ヶ丘詩羽にとっても、決定的な分かれ目になる。

英梨々の慟哭が、ほんとにツラい。出会う時期が違っていれば。選択を間違えていなければ。メインヒロインの座にいたのは、彼女かもしれなかったのに。

だって、1巻の表紙を飾ってたのは英梨々なんですよ?みなさん覚えてます?

f:id:kwusbb:20170620184223p:plain

そんな英梨々の気持ちをいちばん理解できるのは、クリエイターでもあり、恋敵でもあり、一足先に主人公から崇拝されていた詩羽先輩。

頬をぶったり、ののしったり、なんやかんやありましたが、最後のシーンが見られて僕は幸せです。

ありがとう丸戸先生。あなたにずっとついていきます。

第十二・七・五話 そしてメインヒロインは

メインヒロインは恵ちゃんしかいないと、あらためて確信させてくれるエピソード。

追い込まれて、いつの間にか"巡璃"じゃなくて"恵"としての気持ちを話してるのが、すごくいい。完全に陥落しているぞッ!

今までのエピソードで、恵ちゃんが難聴鈍感最低主人公くんにどんな気持ちを抱いていたのか。それが解きほぐされていくのは、答え合わせをしているかのよう。

そして語られる正妻宣言。もうね、加藤恵がメインヒロインたる理由が凝縮されてる気がした。美智留に、出海ちゃんに、裏で暗躍していた詩羽先輩に引き出された本音。

加藤恵、可愛すぎか!!!

ありがとう丸戸先生。あなたにずっとついていきます(2回目)

物語はフィナーレへと続いていく

12巻のラスト、安芸くんが男を見せたシーンの裏側。加藤恵は何を思っていたのか。フラットな彼女の、ささやかな仕返し。

早く13巻が読みたくて仕方ない。結末が見たいような、見たくないような複雑な気持ち。

しれっと「いつから13巻で完結だと錯覚していた?」と物語を続けてくれてもいいんですよ、ええ。

ファンディスク2や、Girls Side 4が出る予感がしないでもない。でも今は、冴えカノの物語の結末を、しかと見届けたいと思います。順調にいけば年内もありうるかな。

関連記事

【冴えカノ】12巻で安芸くんが恵ちゃんとのデートをすっぽかして向かった先は…?
Girls Side2から溢れる恵ちゃんの正妻感。実質的な10巻だし、読まないと損するぞ!
冴えカノ 記事一覧

スポンサーリンク