とあるカワウソのつぶやき。

四月は君の嘘が大好きなカワウソ。好きな漫画やアニメについて語るブログです。

【打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?】原作小説の感想「なずなと典道がたどり着いた結末は…?」

スポンサーリンク

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の原作小説が、映画の公開に先駆けて発売!この夏の話題作ということで、さっそく手に取った次第です。

f:id:kwusbb:20170716155000p:plain

そもそも『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』って?

『打ち上げ花火、下からみるか?横から見るか?』は、もともと1993年にテレビドラマが放映された岩井俊二さんによる作品。

そのドラマを大根仁さんの脚本により、劇場アニメにリメイクしたものが2017年版です。キャラクター設定や後半のストーリーが新たに付け加えられているそう。

f:id:kwusbb:20170716154832j:plain

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」予告

制作をシャフト、主人公の典道を菅田将暉さん、ヒロインのなずなを広瀬すずさんが務めることでも話題ですね。第2の『君の名は。』を狙ってる感じがプンプンする。

宮野真守さん、梶裕貴さん、花澤香菜さんなど、豪華声優陣が脇を固めるのにも注目したい。小説ではそんなにキャラいなかった気がするぞ…?

アニメ版を大根仁さんが文章化したのが、今回の原作小説。ちょいと関係性がややこしい。

何度でも夏休みの1日を繰り返す

なずなを助けるために、典道は"もしも玉"を使い、過去に戻って夏休みの1日を繰り返す。

夏でタイムリープものといえば、『時をかける少女』を思い出さずにはいられない。『打ち上げ花火〜』は『君の名は。』×『時かけ』みたいなイメージ。

典道がなずなを意識して緊張するのとか、めっちゃ中学生っぽいなってニヤニヤしちゃう。急に女性らしさを増した同級生にドキドキする感じ。中学生男子あるある。

ただ、好きな子のために頑張る典道が泥臭くてかっこいいんですよ。

最初は気持ちを自覚してなかったのに、物語が進むにつれてなずなへの恋心が芽生えていく。甘酸っぱい、あまずっぺえよ!

もしもの世界を繰り返すなかで、鍵となるのは打ち上げ花火。丸かったり、平べったかったり、アメーバみたいな形だったり。

すべてはラストシーンにつながっていたと気づいたときの感動はひとしお。トゥルーエンドにたどり着いた嬉しさと切なさが、一挙に押し寄せてくる。

典道となずなが一緒にいられたのは、花火大会の1日だけ。

言えなかった気持ちを伝えるなら、花火を見ながらがいいんじゃないだろうか。彼らが成長した世界を見てみたい。

映像作品を文章化する難しさ

あとがきで大根仁さんも語っていますが、この作品はアニメありきなので、とても映像的なんですよね。

キーとなる打ち上げ花火の形、もしもの世界の外観の変化、キャラの表情など、どうしても想像に頼らざるを得ない点がある。言葉にせずとも伝えられるものを、文章にしないといけない難しさ。

特にクライマックスの打ち上げ花火から海の中のシーンは、映像でこそ映えると思っています。どれだけキレイな世界が広がっているんだろう。なずなと典道、ふたりだけの世界。

俄然、8月18日の公開が楽しみになってきました。あと1ヶ月が待ちきれないっ!

ドラマ原作の岩井俊二さんが執筆した『少年たちは花火を横から見たかった』も合わせて購入したので、まずはそちらを楽しむことにします。

関連記事

『君の名は。』第2弾パンフレットをお供に、3回目の鑑賞。
小説『君の名は。』感想「広い世界で、だれかひとりだけを探して」

スポンサーリンク