とあるカワウソのつぶやき。

四月は君の嘘が大好きなカワウソ。好きな漫画やアニメについて語るブログです。

とあるカワウソのつぶやき。

『りゅうおうのおしごと!』7巻 清滝師匠と歩夢の対局が熱い!老兵は衰えながらも夢を追う。

f:id:kwusbb:20180121113711p:plain

りゅうおうのおしごと!』7巻の感想です。老いを自覚してなお、上を目指す清滝師匠が熱い!7巻はとにかく清滝師匠、蔵王さん、鏡洲さんたち大人がかっこよかった…!

八一やあい、天衣のような才能ある若い者たちが注目されがちですが、スポットライトの当たらない棋士にだってそれぞれドラマがあるんですよね。

加えて、ソフトによる研究が進んだ将棋界の現状をも反映しているのでしょう。

ただ、ソフトの手が最善手だとしても、人間が指すからこそ生まれるドラマがある。人が指す以上、絶対なんてない。若い世代とベテランが切磋琢磨し、腕を磨いていく。連綿と続いてきた歴史に、新たな風が吹く。

死んだと思われていた戦法が復活したり、新しい戦法が生まれたり。将棋界は以前にも増して戦国時代の様相を繰り広げていくのではなかろうか。

現実の将棋界も、りゅうおうのおしごと!で描かれる世界も、これからどうなっていくのかがめちゃくちゃ気になります。

老害

清滝師匠、マジ老害やん…棋士室のシーンは読むのが辛かった。一方で、奨励会員みなの気持ちを代弁して伝える鏡洲さんがかっこよすぎる。

長年三段リーグで燻っている彼の言葉だからこそ、説得力が増す。

何かを得るためには、それと同等の対価が必要なのに、このときの清滝師匠には何もなかったんですよね。ぐうの音も出ない。

ただ、その正論がまた師匠の心に火を点ける。自分の積み上げてきたものを、タイトル挑戦者としての、年長者としてのプライドもかなぐり捨てて、教えを請う。生半可な覚悟でできることじゃないですよ。

嗚呼、熱い。その熱さがまたひとつの奇跡を起こす。

デンジャラス・ビースト…だと…?

6巻に続いて、銀子のコスプレが可愛すぎるんじゃが?デンジャラス・ビーストォォォ!FGOのドスケベ礼装やんけ!

差分まで用意してくれる徹底ぶり。しらび先生、ノリノリである。ありがとうございます!圧倒的感謝…!

しらび先生はFGOで概念礼装やキャラを描いていて、銀子の声優さんの金元寿子さんは銀髪のサーヴァント・アーチャー・インフェルノの声優である。これはもう、実質FGO×りゅうおうのおしごと!コラボでは?

猫の真似する銀子が見たいのでぜひアニメ2期・OVAでなにとぞ…!

それはそうと、浪速の白雪姫にとんでもないコスプレさせといて、何もしないって八一テメー(自主規制)ついてんのかよ!

どちらかが積極的になれば、均衡は崩れると思うんですが、その日は遠そうですね…

蔵王さんvs八一

八一の昇級がかかった対局は、蔵王さんの引退試合対局でもある。好調な流れのまま、八一が勝利するのか、はたまた蔵王さんが最後に花道を飾るのか。

八一はここで鼻っ柱へし折られて良かったと思うんですよね。蔵王さんよりも、月光会長よりも投げるのが遅かったことからも、諦めの悪さと大物っぷりがうかがえる。

ソフトが提示した手さえも使いこなしてみせる点からも、才能は作中最高クラスでしょ。この主人公の才能が恐ろしい…

オッサン流が起こした奇跡

老兵が若き才能に一矢報いた。清滝師匠と歩夢の対局を、文章で書くのは容易いけれど、勝利に至るまでのドラマが熱い!りゅうおうのおしごと!には何回熱いって言葉を使っても足りない。

清滝師匠は、自分の経験をフル投入。粘り強く、盤外戦術だって使ってみせる。大きなミスをしようとも、勝ちを泥臭く引き寄せようとする姿に、感動させられるのだ。熱い、熱すぎるよ…!

師匠の勝利は、いわば清滝道場の勝利でもあると思っていて。誰やボランティアとか言ってた心ない奴は!

老若男女、奨励会や研修会、プロアマの立場を超えて将棋が強くなりたいがために集まった棋士たち。そこで培った経験もあるからこそ、師匠は勝利を引き寄せられたのだと思う。

師匠が自らをレベルアップさせるのと同時に、後進育成という意味でも道場は大きな意味を持つ。今後、将棋界の台風の目になるのでは!?

八一と銀子、ふたりの才能を育て上げた師匠が開く道場の未来に、期待せずにはいられないっ!

8巻は感想戦でいつも和ませてくれた月夜見坂さんと供御飯さんがメインになるのでしょうね。どれだけの熱戦が待っているのやら。

4巻に続いて、女流棋士たちの熱いドラマが展開される予感!

関連記事

8巻で供御飯万智と月夜見坂燎がぶつかる!親友同士の熱い対局を見逃すなっ!
6巻 素直になれない銀子と、鈍感な八一と。浪速の白雪姫の秘めた想いが愛おしい。
りゅうおうのおしごと! 記事一覧

スポンサーリンク