とあるカワウソのつぶやき。

四月は君の嘘が大好きなカワウソ。好きな漫画やアニメについて語るブログです。

とあるカワウソのつぶやき。

【ジャンプ】2018年10号の感想「もう二番手じゃいられない!加納彰平の挑戦」

ジャンプ2018年10号の感想です。今週の火ノ丸相撲を読んで、加納くんのファンにならない人がいるだろうか。いや、いないでしょ。

僕のヒーローアカデミア
サイコーに学校っぽいことキター!耳郎ちゃんのロック魂、しかと受け取った!A組の子たち、みんな良い子すぎるよ〜〜〜!

表紙のお茶子といい、八百万ちゃんの縦セーターといい、堀越先生は男性読者のフェチを"わかってる"。ありがとうございます、ありがとうございます!

・ワンピース
邪魔者は消えた。拳と拳でぶつかりあう。カタクリ側、つっらいなあこれ。クルーから信頼されてるルフィと、まるっきりバカにされてるカタクリと。同情を禁じえない。

食戟のソーマ
一色彗の話をするとしよう。ボーイミーツガール、恋が始まってもおかしくない出会いですよ(恋愛脳)

一色先輩のセリフは実質告白ですからね。だって、寧々ちゃんがいなかったら今の彼はいないわけでしょう。勝ってほしいなぁ…厳しいかなぁ…

ぼくたちは勉強ができない
唯我くん、まふゆちゃんのおっぱいの感触について140文字以内で述べよ。

なーんで都合よくナマコがいるんですかねぇ…ナマコで転ぶ→メガネが壊れる→手を引いて誘導してもらうって、何それ役満ですか!?

露出度の高い水着より、パツパツのスク水のほうがエロいみたいな風潮ありません?僕だけですか?同志求ム。

この一連の水着回でぼく勉コミックス購入をキメた奴はどこのどいつだ〜い?………僕だよ!!!

火ノ丸相撲
大包平こと加納くんの掘り下げ回。先週から来るのはわかってたけど、想像以上に感動してしまった。二番手に甘んじていた男の苦悩と奮起。

もう心はボロボロだったのに、それ以上に挫折する道を普通は選べない。負けてどうするか。確かに父のような教師になる道もあったのだろう。しかし、加納くんはその道を選ばなかった。

誇れる自分になるために、一番になるために、最強の男のもとへ向かう。

たった1話でこれほどキャラに共感させられることってあるか!?親子関係に師弟関係、取り巻く環境を説明したうえで、内面もしっかり描く。

題名がシンプルに「戦え!!」なのも良い。早く大包平vs童子切が読みたすぎるでしょ…

関連記事

ジャンプ感想 記事一覧

スポンサーリンク