とあるカワウソのつぶやき。

四月は君の嘘が大好きなカワウソ。好きな漫画やアニメについて語るブログです。

とあるカワウソのつぶやき。

【ジャンプ】2018年12号の感想「稲荷崎戦、決着!最後に勝負を決めたのは…?」

ジャンプ12号の感想です。ハイキュー稲荷崎戦、決着!マイナス・テンポの強さと弱さを知り尽くした日向と影山のブロックで締めるとは、しびれる、しびれるよ。

死力を出し尽くしたと言っても過言ではない。でもまだ最強の高校が待ってるんでしょ…?さらにアツい戦いが待っているというのか。何回もクライマックスあったのに!

・ワンピース
漢と漢の戦いって感じでエモエモ激アツ!斬・切・餅めっちゃ痛そうですよね…

僕のヒーローアカデミア
ジェントルは問題を起こした企業を成敗する私刑マンなのね。よくいえば義賊。「ラブラバうつせ」のコメントがリアルで笑う。

雄英側はかっちゃんのひとことでさらに団結!個性爆発、ロックなビートを轟かせるぜ!

ぼくたちは勉強ができない
今週の成幸くん、前髪切った緒方さんに気づかないのは鈍感にすぎる。その鈍感さも最後の「表情だ!」につながる訳ですけどね。

は?そんなんシラフで言えるやつおる?おるんやなあ…緒方さん、すっかり乙女の顔になっちゃってまあ。

ところで成幸の思考をトレースする古橋さん、正妻と呼んでさしつかえないのでは(ある)

食戟のソーマ
クラージュさんもデコラさんも、アンさんの師匠だけあって、胸もワールドクラスですね。

惜しむらくはクラージュさんが審査員の椅子に座れなかったことだ。どうせこの二人もおはだけ要因なんでしょうけれど。そろそろアンさんのおはだけにも読者が慣れてきてしまった頃だ。

りんどー先輩、薊に苛立ちつつどこかでビビってる説…?下手な皿を出せば何されるか分からんものね。

火ノ丸相撲
蜻蛉切と部長の強さを見せたうえで、どちらも負かさない。どちらの格も保った落としどころか。

蜻蛉切は番付主義じゃなくて、才能主義なのね。彼から見たら火ノ丸は才能もないのに、相撲に挑み続けて滑稽に映っているのだろう。

薫丸さん本人はもちろん、彼をずっと育ててきた柴木山親方が悔しくない訳ないんですよね。まじで蜻蛉切を教える見島親方どうなってんの?柴木山vs見島の場外でのバチバチがあるやもしれん。

蜻蛉切をぶちのめすのは火ノ丸じゃなくて冴ノ山さんのセンもあるかと思ってたんですが、どうなるやら。両方がぶちのめす展開も待ってます。

部長が火ノ丸見かけても声掛けなかったのは、次会うときは土俵でということでしょう?ああ、彼らがぶつかる日も待ち遠しい。

関連記事

ジャンプ感想 記事一覧

スポンサーリンク