とあるカワウソのつぶやき。

四月は君の嘘が大好きなカワウソ。好きな漫画やアニメについて語るブログです。

とあるカワウソのつぶやき。

『りゅうおうのおしごと!』9巻は銀子vs天衣!タイトルはどちらの手に?

9巻のあらすじからして、泣いてしまうんだろうなと思っていたら、案の定。胸を熱くさせる想いが、戦いが目の前に広がっていました。

f:id:kwusbb:20180810130157p:plain

浪速の白雪姫vs神戸のシンデレラの、タイトルをかけた戦いが幕を上げる!

最後まで、どちらが勝つのかが分からず、ドキドキが止まらず、ページをめくる手も止まらず。一気に読み進めてしまいました。

物語に触れつつ、感想を綴っていきます。ネタバレ注意、ぜひ読み終わってからどうぞ。

銀子と八一の秘密の花園

9巻でも銀子と八一のイチャイチャ描写は健在でした。ありがとうございます。

姉弟子、もしかして誰にも邪魔されないためにマンションの部屋買ったな…?妹弟子にも、ロリ幼女たちにも知られない、二人だけの秘密の花園

そのまま事に及んでもおかしくないけれど、この二人がそうなるのはまだまだ遠い先のように思える。

銀子の好きな気持ちが溢れ出てるのに、八一は相変わらず全然気づかないんですよね。

マンションの部屋の番号なんてまんまじゃないか!本当姉弟子は可愛いな!畜生!

"茨姫"との出会い

第一局で信じられない負け方をしてしまった天衣。タイトル戦には魔物が住んでいるということなのか。

精神的に追い詰められた天衣のため、八一は"茨姫"と呼ばれた人との出会いをセッティング。

初代女王であり、直近で一番銀子を追い詰めた花立薊さん。

桂香さんに母性を感じたことはあったけれど、ガチの母親キャラ登場です。ママみがすごい。

かつて茨姫と呼ばれたのが嘘のよう。彼女を変えたのは、愛。Power of Love。

めちゃくちゃ良い話でしたね…一気に花立さんを好きになりました。

彼女の話はあいにはめちゃくちゃ響いたけれど、天衣はそうでもないようす。まあ性格的にみてもそうなるわな…

ただし「あなただけの恋を」と茨姫が天衣を語りかけたのはフラグだったのだと、読み終えた後になってから分かる。

八一から天衣へのメッセージ

帝位戦への挑戦にあとふたつと迫った八一の対局相手は"捌きの巨匠"である生石さん。ゴキゲンの湯で修行していたのが懐かしい。

捌きvs捌きの激しい戦いを制したのは八一。「熱いっ!」と思わず唸らされる対局でした。

「この勝利を誰に伝えたいですか?」その質問への八一の答えに涙。もう反則だよ畜生!

この対局に既視感を覚える人も少なくないだろう。そう、5巻で八一が行き詰まっていたとき、桂香さんが自らの将棋で、彼に想いを伝えたシーンだ。

家族から家族へ。そのまた次の家族へ。想いはつながっていく。この時点では、八一の将棋に込められたもう一つの想いを、僕たちはまだ知らない。

また、八一から天衣へのメッセージを込めた対局が、同時に対局者の生石さんの心にも火を灯すんですよね。

九頭竜八一半端ないってもぉー!アイツ半端ないって!捌きの巨匠相手に、誰も知らん戦法試すもん…

そんなんできひんやん普通、そんなんできる?言っといてや、できるんやったら…

天衣への想いの深さと同時に、九頭竜八一の底知れぬ才能を再確認した一局でした。

勝負の行方は

浪速の白雪姫vs神戸のシンデレラ、二人のヒロインの対局に、胸を熱くせざるを得ない。

二敗で追い込まれた天衣は、八一の対局に背中を押され、得意の後手番角頭歩戦法で、銀子に迫る!

サプライズは、戦法だけにあらず。和服から純白のドレスへのお着替えを披露。

天衣のドレス姿、可愛すぎじゃないですか?本物のシンデレラかと見間違うくらいの美しさ。

勢いのまま、千日手に持ち込んだ天衣。無敗の女王の喉元に、切っ先が触れたような気がしたのは、僕だけではないだろう。

差し直し局で自由に踊る天衣の将棋に、作中の登場人物と同じようにのめり込んでしまう。

天衣無縫。夜叉神天衣を表すのにふさわしい言葉を、僕はこれ以上に知らない。

天衣が気づいた想い

その人のことを考えると胸が熱くなって、ドキドキして、どうしようもなくなってしまう。人は、それを恋と呼ぶのだ。

一躍ヒロインレースに名乗りを上げた天衣!九頭竜八一のお嫁さんの座は誰が手に入れるのか?

あい、天衣、銀子、そしてシャルちゃん、供御飯さん、月見夜坂さん、候補は片手じゃ数え切れないほど。

当の本人はまったく彼女らの気持ちには気づいていない模様。鈍感系主人公の宿命なのかもしれない。

本命は銀子だと思っていたのですが、天衣が参戦するとなるといよいよ誰になるのか分からなくなってきた。

しかし、天衣は八一のなかで家族枠に入っているから、改めて好きな相手として意識するのは難しいのでは?と感じたりもしています。

八一を取り巻く恋愛模様にも注目していきたいところ。

10巻以降の展開は?

9巻で天衣と銀子がぶつかるであろうことは、8巻で示唆されていたのですが10巻以降の展開はどうなるのやら。

ぼんやりと感じているのは以下の3つ。

・八一の於鬼頭曜 帝位戦への挑戦
・あいvs天衣
・銀子の三段リーグへの挑戦

5巻以降、銀子、清滝師匠、供御飯さんと月夜見坂さん、天衣と各キャラの掘り下げが続いてきました。

もともと魅力的だったキャラクターが、さらに好きになれる物語の連続。

区切りの10巻では主人公の八一とあいに焦点が戻るのではと予想しています。

でも、一読者の予想なんてはるかに超えてくる物語が待っているのだろうと、今からワクワクが止まりません。

りゅうおうのおしごと!に出会えて良かったと、9巻を読んでしみじみ感じました。

関連記事

『りゅうおうのおしごと!』8巻で供御飯万智と月夜見坂燎がぶつかる!親友同士の熱い対局を見逃すなっ!

りゅうおうのおしごと! 記事一覧

スポンサーリンク