とあるカワウソのつぶやき。

四月は君の嘘が大好きなカワウソ。好きな漫画やアニメについて語るブログです。

とあるカワウソのつぶやき。

パロディがタイムリーすぎ!実写映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』感想!

f:id:kwusbb:20180818134910j:plain

映画『銀魂2』公式サイト

実写銀魂が帰ってきた!豪華キャストは続投、前回よりも自由奔放なネタの数々。

笑いあり、シリアスあり、バトルありと、これぞ銀魂の実写化!といえる作品になっていたのではないでしょうか。

紅桜篇に続き、真選組動乱篇を実写で見れるとは。

将軍ネタと合わさって、シリアスとギャグのバランスがちょうどいいと感じました。パロディも盛りだくさん!

ここからはネタバレ含めの感想になりますので、観てない人はご注意を!

佐藤二朗 劇場?

序盤のキャバクラはネタ自体も面白くて、ゲラゲラ笑っちゃいました。将軍が身ぐるみはがされていくのが面白すぎる。

加えて、途中に佐藤二朗劇場とも呼べるような場面も。

どんなキャラで来るのかと思っていたら、まさかの店長役。ただ、店長というより、もはや佐藤二朗役・佐藤二朗では???

キャストも笑いこらえきれてねーじゃねーか!画面越しでさえ笑っちゃうのに、目の前でやられたら、そりゃ耐えられないよね。

よくわからないことを繰り返し呟いてたのがツボ。

トッシーと土方の演じ分けがすごい!

柳楽優弥さんの、トッシーと土方の演じ分けが印象的でした。

クソオタクでなよなよしたトッシーを演じていたかと思えば、すぐさま鬼の副長・土方十四郎に切り替わる。

かっこよさとなさけなさが同居する土方を、見事に演じていたのではないでしょうか。

トッシーの演技は、本物のオタクそのもの。

そこまであからさまなオタクは今日日いないかもしれませんが、"オタク"の概念を表したかのよう。

神楽の撮影会をしている姿は本当に生き生きしてましたね、トッシー。千年に一度ネタは笑ってしまった。

橋本環奈ちゃんの本人ネタじゃねーか!

イムリーなパロディネタ

さすが銀魂、恐れることなくパロディネタをぶっこんでくる。

映画泥棒、ラブライブ!ブラックジャック。EDには踊る大捜査線。相変わらず自由すぎる!

公開1週間前にシンカリオンとのコラボで話題になったエヴァネタも。

立木文彦さんが銀魂の実写ドラマ版で、マダオを演じるつながりもありましたが、まさかのタイミング。

そして、極めつけはトトロの猫バスならぬ、アライグマバス。大丈夫?本当に大丈夫か?

公開初日の金曜ロードショーでトトロが放映されたばかり。なんというタイミングの良さ。

f:id:kwusbb:20180818135940p:plain

エヴァといい、トトロといい、タイムリーすぎる。神は銀魂に味方したか。ヒットの追い風が吹いているのでは?

銀時を江戸で万斉と戦わせなければいけない。かつ、新撰組とも協力させなければいけない。

そうだ!アライグマバスで移動してもらえば、解決するじゃん!それがベストソリューション!

ってそんなわけあるかーい!と心の中でツッコミたくなりました。

しれっと銀時が真面目な顔して、新撰組の最後のシーンにいたの、ネタすぎるから!さっきまで江戸で万斉と戦ってたじゃん!

感想まとめ

"掟は破るためにこそある"は、物語だけじゃなくて、ネタについても触れた言葉だったんですね。

いやー、タイトルつけた人、センスありすぎるな。偉い人に怒られないかだけが心配です。

ぜひ2もヒットしたら3、4と作っていってほしい。

豪華キャストが全力でふざけ、全力でバトルする銀魂を、もっと観たいと願ってしまう。

パロディネタの件も踏まえて、銀魂はなんでもありの作品だなと改めて感じた次第です。

関連記事

実写版 映画『銀魂』感想。橋本環奈ちゃんがハナクソほじって、ゲロ吐くのは銀魂だけ!

スポンサーリンク