とあるカワウソのつぶやき。

四月は君の嘘が大好きなカワウソ。好きな漫画やアニメについて語るブログです。

とあるカワウソのつぶやき。

【ジャンプ】2019年2号の感想。AGRAVITY BOYS、クリスくんが可愛すぎる件!

f:id:kwusbb:20191209104354j:plain

『AGRAVITY BOYS』のクリスくんで新しい性癖に目覚める全国の青少年が続出してしまうのでは?

期待の新連載第二弾ですね!

AGRAVITY BOYS 1話

人類は滅亡し、未知の惑星で残されたのはたった4人。

そのうち、1人だけを性別転換させられると。しかしクリスくんが男でもええやん…と思わされるの強い。

ジェナダイバージョンが投げ捨てられたが、まだ壊れていない可能性も残されているし、クリスくん以外が女になる選択肢もなくはない。

いつか来るだろう新キャラの登場にも期待!男ならさらに転換候補が増えるし、女複数なら、そのなかの誰かが男になる方向もある。可能性広がりまくり!

読切版からブラッシュアップされてて、テンポの良さやクリスくんの可愛さがマシマシに。

『ZIPMAN!!』とともに人気作に駆け上がってほしい。

僕のヒーローアカデミア 253話

えっ…黒霧の正体が白雲の可能性あるの…スピンオフ『ヴィジランテ』で登場した学生時代の相澤とプレゼントマイクの同級生。

死んだと思われてたのに、時を経て敵として現れるとは。まだ確定した訳じゃないけども。

ヴィジランテ読んでて良かった…まさかの展開に驚きを隠せない。白雲と黒霧、どことなく名前も対比されているような。

お茶子の秘めたる想いにニコニコしてたら、最後との落差よ。来週が気になりすぎる!

ぼくたちは勉強ができない 139話

「一人」でも「独り」じゃない。ともにがんばってきた成幸が言うからこそ沁みる言葉。

いよいよ勝負のとき。今後の人生が懸かった大一番!それぞれ全力を尽くせるのを祈る。

ところで表紙がすごくえっちでストレートなコピーも大好きです。オチに持ってこられる真冬先生もさすがとしか言いようがない。

アクタージュ 93話

自らのみならず、共演者までも本気にさせてしまう夜凪の主人公の風格たるや。武光に加えて、市子の演技も迫力が増す。一度諦めてしまった人間ですら引き上げる。

「大きな流れ」を子供のときに気づく市子は慧眼の持ち主だと思うけどね。流れに身を任せるのではなく、抗い、自分で生み出す側に回ろうとする。

さらに盛り上がるが、あとは夜凪の心の炎を鎮められるのかどうかですね。

呪術廻戦 87話

さよならバッタ…名前は蝗害とかかってたのね。短い命でした。冒頭の説明を読んで、ようやくバッタの恐ろしさを認識しました。

真人の仕事は明治神宮から特急を五条悟にぶつけること?シンゴジラ無人在来線爆弾がごとく、最強に対抗する武器になるか。

もし満員の状態でぶつかられてきたら、五条悟はどう対処するんだろうな。

チェンソーマン 50話

アキの言葉が重い…両親と弟といい、姫野パイセンといい、もう大事な人はなくしたくないものな…

焼きザメになってしまったビームは御愁傷様。デンジはレゼに勝てるのか!?

ジャンフェス告知の「諏訪部順一さん(チェンソーマン大好き声優)」に笑ってしまった。ジャンフェス行きたいなあ。

鬼滅の刃 186話

無惨様、澄ました顔してるけど、このあと縁壱に恐怖を植え付けられるんだよなあ…

縁壱も鬼に家族を殺され、人生を狂わされた一人。小さな夢でさえ叶わないなんて…誰も彼も辛い過去持ってて、幸せに暮らしていたIFを思わずにはいられない。

ハイキュー 376話

及川のアドバイスが日向に効いてるのもめがっさ良い。ただ、相手も簡単に勝たせてはくれない。ニンジャと仙人の勝負の結果やいかに。

ZIPMAN!! 2話

鋼志郎と鉄芽で「鋼鉄合体」とは名前で気づいておくべきだった〜〜〜!今回のタイトルでようやく気づかされたわ。

なぜ敵は鋼志郎を狙うのか、その目的も気になりますね。

関連記事

1月4日発売のジャンプコミックスまとめ!『呪術廻戦 8・9』『SPY×FAMILY 3』『チェンソーマン 5』『約束のネバーランド 17』など

12月4日発売のジャンプコミックスまとめ!『鬼滅の刃 18』『アクタージュ 9』『僕のヒーローアカデミア 25』『ワールドトリガー 21』など

ジャンプ感想 記事一覧

スポンサーリンク