とあるカワウソのつぶやき。

四月は君の嘘が大好きなカワウソ。好きな漫画やアニメについて語るブログです。

【初体験】キンプラ応援上映に参加!ファンの熱量がスゴい。行かなきゃもったいない!

スポンサーリンク

f:id:kwusbb:20170617235840p:plain

プリズムの煌めきに魅せられた勢いのまま、「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」通称キンプラの応援上映に参加してきました!

初体験の感想としては、ただただ楽しい!

上映前は、ノリについていけるか緊張していましたが、そんな不安はどこへやら。キンブレ振って、叫んでたらいつの間にか終わってたっていう。

何度も何度も応援上映に行く人の気持ちがやっと理解できた。まるでライブ会場にいるような一体感。終わったあとの幸福感、達成感。

クッソ楽しいじゃねえか、応援上映!

必要なものは、作品を楽しむ気持ちだけ。もし参戦を迷っている人がいたら、ぜひ劇場に足を運んでほしい。

以下、僕が参加した応援上映の感想です。

応援上映は本編のみならず

応援上映は、本編のみならず。NO MORE 映画泥棒で真っ赤に染まる会場。噂には聞いてたけど、いざ目の当たりにすると圧巻。キンブレぐるぐるするのたーのしー!

本編が始まる前にシンくんからの注意事項のアナウンス!

\みなさんに、お願いしたいことがありま〜〜〜す!/

\なーにー?/

これやりたかったやつ!初っ端からテンション上がる!

\エイベックスありがとー!タツノコプロありがとー!/

製作陣への感謝も忘れない。この感謝の気持ちこそ、キンプリが爆発的に広がったひとつの要因ではなかろうか。

だってエリートのみなさん、わざわざ「キンプリを見てくれてありがとう!」ってコメントしてくれるんですよ。すごいよ、ほんと。僕も見習います。

いちばん楽しかったEZ DO DANCE〜FREEDOM

\そうだ!そうだ!/
\頑張ってー!/
グロリアス・シュワルツ!グロリアス・シュワルツ!/

定番のコールも叫んだし、キャラ名もいっぱい叫んだなかで、いちばん楽しかったのはEZ DO DANCE〜カヅキのFREEDOMの流れでしょうか。

EZ DO DANCEは、さすが90年代を席巻したTRFの名曲!合いの手入れるの超楽しい!

EZ DO DANCE(Fu!)EZ DO DANCE(Fu!)

今回の応援上映で思ったんですけど、僕アレク推しかもしれん。武内くんの高音気味の歌声といい、腹筋といい、最後カヅキに照れるところといい。たまんねえな!

タイガが爆撃を跳ね返すシーンでは、ちょうどコウジのなりきりうちわ配られてて、バタバタできましたし。よく考えられたおまけだな!

続くカヅキのFREEDOMはやっぱここ。

\フリーダム!フリーダム!フリーダム!/

通常上映で見たときから、盛り上がりそうだと思ってたんですよね。緑に染まる会場の一体感たるや素晴らしい。

その後もシンくん、ルヰくん、ヒロ、アンコールのオバレとノンストップ!最後「お疲れ様でした!」と、労いの言葉で、応援上映は終了。

これが、応援上映…。幸福感と達成感に包まれておりました。また行く。絶対行く。

"新宿はもっとすごかった"と小耳に挟んだので、ぜひ参加したいところ。

応援上映の参加を迷っている方へ

冒頭でも述べましたが、応援上映に必要なのは、作品を楽しむ気持ちだけ。キンプリ・キンプラそれぞれ1回しか見てない自分でも、めちゃくちゃ楽しめましたし。

分からないことがあっても、周りのキンプリエリートのみなさんに合わせれば大丈夫。懐の深さと優しさに泣いた。

より楽しむために、強いて挙げるとするなら、以下の2点でしょうか。

①キンブレはあったほうが楽しめる

キングブレード、略してキンブレ。カチカチとボタンいじると色が変わる光る棒。

アニメ系のライブやイベントでよく見かける。

なくても楽しめますが、できれば2本。「レディスパーキング!」のとき2本使うので。あと、単純に両手で持ってるだけで楽しい。色の使い分けにも便利。

なんならエーデルローズ生7人分の分持ってる人もいたもんね。エリートのこだわりがすごい。

②各キャラの色を覚える

各キャラのイメージカラーがあるそうで、それに合わせてキンブレの色を変えながら楽しむ形。

ヒロ    :水色
ヒロ(ソロ):黄色
コウジ   :紫
カヅキ   :緑
シン    :赤
ユキノジョウ:青
タイガ   :緑
カケル   :オレンジ
レオ    :ピンク
ミナト   :水色
ユウ    :紫
アレク   :紫
ルヰ    :白
法月    :青

はじめてのキンプリ応援上映が不安?でも大丈夫!応援上映であるといい持ち物&主な声援や合いの手まとめ

キンプラからの新キャラだと、ジョージは黄色みたいです。もしど忘れしちゃったら、周りに合わせましょう。それでなんとかなる。

正直、こんなにキンプリにハマると思ってなかったです、ええ。応援上映でさらにのめり込んだ感ある。ずぶずぶとキンプリ沼に突っ込んでいっております。

応援上映も、また絶対行く。回数を重ねるうちに、自分なりの楽しみ方を見つけていければと。プリリズで作品の背景も理解したら、もっと味わえるはず。

プリズムの煌めきを追い求める旅は、始まったばかりだ!

関連記事

キンプリ+キンプラを一気見した感想!これが、プリズムの煌めき…ッ!

スポンサーリンク