読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるカワウソのつぶやき。

四月は君の嘘が大好きなカワウソ。好きな漫画やアニメについて語るブログです。

【ここさけ表紙】ビッグイシューって何の雑誌?

アニメ・漫画 その他
スポンサーリンク

f:id:kwusbb:20150928184622j:plain

先日、「心が叫びたがってるんだ。」を観に行った際に購入した「ビッグイシュー」。主役の成瀬順ちゃんが表紙で、監督の長井龍雪さん、脚本の岡田麿里さん、キャラクターデザイン・作画監督田中将賀さんのインタビューが掲載されています。

実はこの雑誌、普通の本屋さんでは取り扱っていません。ビッグイシューとは何なのか、どこで買えるのかなどを紹介していきます。

ビッグイシューとは?

ビッグイシューは、1991年にロンドンでホームレスの自立支援を目的として刊行が始まった雑誌で、日本では2003年から発行されています。現在では、オーストラリア、南アフリカ、韓国などでも発売中。

日本版は、毎月1日、15日の月2回発行。掲載されている記事の内容は、政治、経済、社会問題など、多岐に渡っています。定価350円のうち、180円が販売者の方の収入に。

どこで買える?

ビッグーイシューは北海道、東京、大阪など全国12の都道府県の駅前を中心に販売されています。天候や販売者の方の用事で、売り場を離れていることもあるとのこと。通勤や通学で見かけたときには、すかさず購入しましょう!

販売者不在の地域にお住まいの方に対しては、定期購読もあります。「定期購読はちょっと…」という人は、首都圏、関西近辺在住の友人に買ってもらうしかなさそうです。TwitterFacebookで共通の趣味の人とつながりやすくなったいま、手に入れるのはそれほど難しくないのかも。

僕とビッグイシュー

僕がビッグイシューを初めて買ったのは、今年の4月。存在はずっと前から知っていたものの、なかなか販売しているところに出会えず。たまたま大きな駅の改札前で、販売しているのを見かけ、購入。買う前に、声をかけるのにちょっと躊躇してしまい、何度か販売者の方の前を行ったり来たり。

「汚い」「怖い」などとホームレスの方にはマイナスのイメージがつきまといがちですが、全然そんなことはありません。ここさけ表紙のビッグイシューを販売していた方はとてもフレンドリー。たわいもない世間話を楽しみました。

さいごに

ここさけ表紙をきっかけに、ビッグイシューを知り、買ってみようと思う人が増えたら嬉しいです。毎号購読とまではいかなくても、気になる記事や、お気に入りの表紙のときに買うのもいいですよね。

自分が好きなものにお金を使って、それが社会貢献にもつながるなんて素晴らしいことだと思います。