読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるカワウソのつぶやき。

四月は君の嘘が大好きなカワウソ。好きな漫画やアニメについて語るブログです。

【3月のライオン】第16話 感想「放火部?いいえ、放科部です」

スポンサーリンク

3月のライオン 第16話感想。愛すべき日常回。放課部のシーン、和むなあ。

放火部?いいえ、放科部です

実験のレポートのために、林田先生と零くんが訪れたのは、放課後理科クラブ、略して放科部。

f:id:kwusbb:20170205123412p:plain


どう見ても高校生に見えないのがひとりいますね?その名も野口英作。元ネタは1000円札の人かな。CVはうえだゆうじさん。ハチクロの森田さん役ですね。

放科部のシーンで、零くんが他の生徒と仲良く喋ってる…!と感動を覚える。ぼっちからの脱却。見てるこっちが涙しちゃうよ。

「一人じゃどうにもならなくなったら 誰かに頼れ でないと実は 誰もお前にも頼れないんだ」

林田先生の名言がまた飛び出す。頼り頼られ、世界は回っていく。

不器用な零くんは、なかなか人に頼ったり、頼られたりに慣れないようだけれど。林田先生の言葉で、ハッとしていたところを見るに、これからは誰かに頼ったり、頼られたりすることが増えていきそうだ。

獅子王戦の結果は…?

獅子王戦最終局は、島田さんの勝利!憔悴しきった姿を見るに、勝ちが決まるまで、一時も気の抜けなかったのがうかがえる。

地元・山形から記者さんが取材にやってきてるのはグッとくる。地元の星、島田さん。期待を背負って、宗谷名人との対局に向かう。努力を積み重ねて、挑戦権を得た彼の姿に、感銘を受けないはずがない。やっぱり努力の人・島田さん、好きだなあ。

「研究会に入らない?」
「研究会に入れて下さい」

f:id:kwusbb:20170205123214p:plain


ふたりの台詞が被るのにほっこり。お互いに得られるものが、きっとある。研究会に入れてくださいって言うの勇気がいったろうな。だって、後藤だけを見て、島田さんのことなめてかかってたものね。

大荒れの研究会

島田さんの研究会に集まったのは、零くん、二海堂、そして重田盛夫くん。島田さんの同期のようで。CV津田健次郎さんがぴったりすぎる!ちょっとニヒルな重田くん。将棋のこととなると饒舌になるのが面白い。

研究会が進むうちに、二海堂vs重田くんの居飛車振飛車論争が勃発!我の強い棋士が集まれば、そりゃそうなるわな。鎮火したように見せかけて、油を注ぐ零くんには笑った。

f:id:kwusbb:20170205123155p:plain


みんな、島田さんの胃をキリキリさせるのはやめてあげて!心なしか、髪まで抜けたような気がするよ。

島田さんの家を出てからも、零くんと二海堂の検討は終わらない。延長戦突入!いつの間にか将棋の話から、鳥の話にすり変わってたけどね。ほんと仲良いな、君ら。


残り6話で、どこまで進むんだろう。宗谷名人vs島田さんの獅子王戦はやるとして、その後切るところが見当たらないような。5巻以降でも好きなエピソードがたくさんあるし、全22話と言わず、クール置いて2期、3期とやってくれたら嬉しいな。

関連記事

第17話 感想「嵐のような香子の感情の移り変わりに惹かれる」

第15話 感想「A級同士のガチンコバトル!」

3月のライオン 記事一覧

スポンサーリンク