とあるカワウソのつぶやき。

四月は君の嘘が大好きなカワウソ。好きな漫画やアニメについて語るブログです。

とあるカワウソのつぶやき。

【よりもい】宇宙よりも遠い場所 第13話(最終回)感想。4人だけが見た景色は、とっても綺麗でした。

f:id:kwusbb:20180327230702p:plain

『宇宙よりも遠い場所』STAGE13「きっとまた旅に出る」予告【WEB限定】

宇宙よりも遠い場所』第13話の感想です。晴れやかな気持ちでいっぱい。本当に素晴らしい最終回だった!

よりもいに出会ったのは、つい1週間前。1話で感じた青春のはじまり。名作の予感にあてられて、一気に11話まで駆け抜けてしまいました。

OPでキマリがぐるっと回転して、場面が南極に切り替わる場面が狂おしく好き。GIFアニメにしてずっと眺めていたいくらい。

よりもいにハマった理由は

キマリ、報瀬、日向、結月の4人はまったくバックグラウンドも違うけれど、物語が進むにつれて、深まる友情。

「淀んだ水が溜まっている。それが一気に流れていくのが好きだった。決壊し解放され、走り出す。淀みの中で蓄えた力が爆発して、すべてが動き出す」

f:id:kwusbb:20180327230956p:plain

オリジナルTVアニメーション『宇宙よりも遠い場所』PV

1話冒頭の言葉どおり、それぞれの心の内が明かされていく。

日向の過去が判明した11話でも、"宇宙よりも遠い場所"に報瀬がたどり着いた12話でも泣いた。なんなら泣かない回がないんじゃが。

途中からは大人組の思いも重なって、感情移入するところがたくさんで大変でした。

「よりもいは神回しかない」というのも過言ではない、と思うのです。毎回涙腺を刺激させられる。物語も、映像も、音楽も、すべてが噛み合って美しい。

「なんで放送開始からちゃんと見てなかったし!」と自分を責める気持ちと、「最終回の前のタイミングでよくぞ見た!」と褒めたい気持ちが同時に。

最高に晴れやかな最終回!

さて、やっと13話の感想をば。帰還まで3日に迫ったキマリたち。なにげない会話のシーンでさえ泣けてくる。

結月のファンの人がちゃんとサインもらってたところでさえ涙こぼれたからね。できるだけ直接はしゃべらずに遠くで眺めてるだけだった氷見さん。ファンの鏡やで、ほんまに。

映像でやられたのはやっぱり、オーロラ〜〜〜!4人でまた空を見上げようって約束したもんね。

南極からレポートを続けてきたみんなだけが見た景色。そして、届く母からのメール。うおおおおお伏線回収が鮮やかでしびれるぅ!

良い最終回だった!!!(この時点ではまだ時間残ってる)まじでここ数年で屈指の傑作ですよ、よりもいは。

エンドロールで、メインキャストの名前がなかったから、まだ何かあると感づいた人も多かろう。帰った4人のそれぞれのシーンとともに名前を映す演出、正直大好きですね。

最後のめぐっちゃんには一本取られた。南極に合流するのはないだろうと考えていたら、その逆を行くとは。すぐ既読つくあたり、いつ写真を送ってやろうか準備してたにちがいない。

スタッフのみなさん、キャストのみなさん、美しい物語をありがとうございました。何度でも見返したくなるような作品に出会えて嬉しいです。

僕は、四月は君の嘘という作品が人生でいちばん好きなのですが、君嘘に並ぶくらい、よりもいが好きになりました。まさかこんなに早く、こんな素敵な作品に出会えるって思ってなかった。

ああ、感動を言葉にしきれないもどかしさ。言葉にすればするほど、感じた想いがすりぬけていくような。

ところで円盤の売れっぷりを見ると、イベントの倍率めっちゃ高そうな。昼・夜開催が当たり前の昨今のアニメ界で、夜公演一発勝負。

もし、今までの物語を振り返る形式の朗読劇があったら泣いちゃう。

チケットが当たるのを信じて、円盤の到着を待ちたいと思います(フラゲ逃した顔)

スポンサーリンク