とあるカワウソのつぶやき。

四月は君の嘘が大好きなカワウソ。好きな漫画やアニメについて語るブログです。

とあるカワウソのつぶやき。

映画 ANEMONE(アネモネ)感想。アネモネとドミニクの共闘は激アツ!【交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション】

ANEMONEの正直な感想は「頭が?でいっぱい」です。

分からないことだらけ!作品内の「何これ?」「わかんない」のセリフが視聴者とリンクしてるように感じて、ちょっと笑っちゃいそうになりました。

ハイエボの完結編を観ないと、解消されない謎が多くありそうで、伏線を張る回でもあったのではないでしょうか。

ただ、一つだけ言えるのは、アネモネとドミニクが一緒に戦う姿を見れただけでも満足です。

f:id:kwusbb:20181110132052j:plain

アネモネのピンチにかけつけるドミニクの構図は、TVアニメ版を思い出して、グッときました。

「バレエ・メカニック」の感動再び…は言い過ぎかもしれないですが、激アツ!テンションが一番上がったシーンです。

"エウレカセブン"とは?

冒頭から謎の単語を含む会話がだーっと進み、ついていくのに必死。幼少期のアネモネのシーンはCGで、全編そのままなのかと不安になったが、そんなこともなく安心。

分かったのは、石井風花(アネモネ)の世界から、TVアニメ版でも描かれていた世界のアネモネにアクセスしているということ。

アクセスしたときに画面がTVサイズに切り替わったのに気づいて「なるほど!」と膝を打ちました。

過去の映像の再利用じゃなくて、新規カットなんですよね。絵柄はTV版に合わせた形で。

風花の世界を救うために、エウレカセブンのようなもの(エウレカが見ている夢)をいくつも潰していく。

描かれた内容から考察するなら、TVアニメ版が正史(エウレカセブン)で、それ以外がどうしてもエウレカが暴走して滅んでしまう並行世界なのだろうか。

アネモネエウレカの対話のなかで、劇場版やコミカライズの世界がだーっと流れていったのを見て感じたのは、そんなところ。

今回、アネモネエウレカを救おうとしたことで、正史への扉が開かれた…みたいな。別世界のキャラたちが行動した結果、正史に辿り着いたシュタゲゼロのイメージ。

怪獣大決戦!

突如現れた巨大生物との戦いは、まるでゴジラとの決戦のよう。不気味で、何者か分からない恐ろしさを感じる。

f:id:kwusbb:20181110133352j:plain

アネモネを助けるために現れたガリバー・ジ・エンドは、まさにガリバーとtype the ENDが合体のようなでっぷりとしたフォルム。

初見はちょっとダサいかもなんて思った自分を反省したい。滑空する姿や戦う姿がめちゃくちゃかっこいい!

f:id:kwusbb:20181110132038j:plain

なんでドミニクが呼び寄せられるのかとか、どこからきたのかとか、こまけえこたあいいんだよ!

とりあえずそれに乗って、アネモネとドミニクが共闘してくれたのが見れたからいいんです。

頭が?でいっぱい

謎の怪獣を倒して、めでたしめでたし…とはいかず、初めて見るフォルムのニルヴァーシュが降ってきて、物語は次回へ続く。

風花の世界と、ハイエボの世界がつながった感じなのかな?ゲッコー号の面々もいたようだし、

最後に登場したニルヴァーシュは何者なのか。ストーリーはどこに着地するのか。最後に登場したレントンはどこにいるのか。

分からないことだらけのハイエボリューション、第3作を見てこのもやもやをすっきりさせたい!

There's No Ending

There's No Ending

 

(記事中の画像は映画 『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』 本予告から引用しました。)

関連記事

【エウレカセブン】「バレエ・メカニック」はめっちゃ心の琴線に触れてくる神回だ!

『少年ハート』の歌詞が心にグサグサ突き刺さる件について

スポンサーリンク