とあるカワウソのつぶやき。

四月は君の嘘が大好きなカワウソ。好きな漫画やアニメについて語るブログです。

とあるカワウソのつぶやき。

【FGO】2部5章『神代巨神海洋 アトランティス 神を撃ち落とす日』感想。オリオンがかっこよすぎる!

FGO2部5章、開幕から絶望につぐ絶望で、今まで倒してきた4つの異聞帯との違いをまざまざと見せつけられた気がします。

空の上から島ごと消滅させるビームを撃つアルテミス。オデュッセウス率いるアトランティス兵に、クリロノミアで強化された魔獣たち。異聞帯サーヴァント。

隙の見えない相手に、どう立ち向かうのか。勝率は限りなく低かったけども、諦めずに前を向き、道中で頼れる仲間が増え、なんとか勝ちをもぎ取った形。

クライマックスの連続で胸が熱くなったのが何度あったことか。オリオンかっこよすぎでは!?

印象的だったシーンを振り返りつつ感想書いていきます!

f:id:kwusbb:20191221233512p:plain

神代巨神海洋 アトランティス 30秒CM

宮本武蔵、推参

f:id:kwusbb:20191221232644j:plain

ニコ生で武蔵ちゃんの登場が分かったときは狂喜乱舞。水着イベントに続いて、最推しサーヴァントの出番がまたもやあるとは。

2部1章でも大活躍!いつかメインシナリオで再登場してくれると信じていたが、実現して嬉しい!

先行してオリュンポスに向かっているので、本格的な参戦は次の機会か。英霊剣豪七番勝負のときは味方だったお爺ちゃん、村正とぶつかる展開もあったり?

ただ、カルデアの者の「これより先の姿を見ていない」発言が引っかかる。おそらく千里眼持ちの未来にいないということは…

いったいどんな展開が待ち受けているのやら。

カルデアの者の正体は?

f:id:kwusbb:20191221232706j:plain

これまでの異聞帯で何度も存在が仄めかされてきた「カルデアの者」がついに登場!

Dr.ロマンことロマニ・アーキマンそっくり。というか姿形はロマニそのものですよね。

キリシュタリアに対峙したときはロマニのモノマネをしてみせたが「あまり上手ではない」とバッサリ言われたのは笑う。一通り付き合ってくれるあたり、ノリの良さを感じます。

口は悪いものの忠告もしてくれるあたり、敵なんだか味方なんだか。ロマニの器 in ゲーティアとか…?

彼の正体もカルデアの中にいる信用できない者が誰なのかも気になる。ホームズか、ムニエルか…

ラスプーチンと千子村正

f:id:kwusbb:20191221233919j:plain

2部5章で一番びっくりしたかもしれない衝撃の事実。なんで異星の神側で千子村正お爺ちゃんが召喚されてるの!?!??!?!

2騎のアルターエゴと聞いたときはラスプーチンとリンボかなと思ってたのに、まさかの村正ですよ。

しかも過去の因縁がある器の擬似サーヴァント同士、もはや士郎と言峰が並んで戦っているようなものでは!?

背中を預けあって汎人類史側のサーヴァントを狩る2人の姿を想像するとテンション上がる。いや、味方が倒されてるんだけども、stay/nightの関係性を考えるとさあ…!

HF第3章を控えたタイミングでこの情報を出してくるのずるくない?最高です、ありがとうございます。

ベストフレンド・マンドリカルド

f:id:kwusbb:20191221232735j:plain

オラオラ系かと思いきや、コミュ症陰キャわんこ系サーヴァントだったマンドリカルドくん。

マスターとサーヴァントという関係性よりも、1人の人間として、友達として接してくれたのが嬉しい。

不器用ながらも落ち込んでるときには励ましてくれて、戦いでは頼りになる。

ありがとう、ベストフレンド。最後の別れは悲しかったが、めちゃくちゃかっこよかったです。

愛が重たいシャルロット・コルデー

f:id:kwusbb:20191221232757j:plain

「オデュッセウスに召喚された汎人類史サーヴァントってコルデーなのでは?」と思っていたが、案の定。

いつ寝首をかかれるかヒヤヒヤしていたものの、最終的には味方として最高の役割を果たしてくれました。

オデュッセウス、容赦なく彼女を始末していればよかったものを。

コルデーを助けるという一見非合理的な選択が、実は正解だったんだと感じさせてくれた瞬間です。

それにしてもマスターへの好意がだだ漏れな上に、愛が重ためなコルデーちゃんにどハマりする人続出では。

「傷になるといいなぁ……」発言はまじでびびる。愛ゆえにと分かっていてもゾッとするわ。

神を撃ち落とした男・オリオン

f:id:kwusbb:20191221232822j:plain

筋肉は正義!いつもの熊の姿とは違って、ゴリゴリのマッチョな姿でオリオンが登場!

サブタイトルの「神」は異星の神なのか、それとも別の存在なのか。開幕前は想像が広がっていました。

その神がアルテミスなら、カウンターとして呼ばれたのがオリオンだったのは必然。

たとえ自らの身体が崩れようとも、愛の矢を放ったオリオンがかっこよすぎるんですよね。「俺以外の誰にも落とさせない」発言にブチ上がる。

物理的に神=アルテミスを「落とす」のと恋に「落とす」ことができるのはオリオンだけ。

しかも終盤に冠位、つまりはグランドアーチャーだったことも明かされてさらにびっくり。

オリオンのアルテミスへの深い愛に感動。感無量です…

戦いの舞台はオリュンポスへ!

ドレイク、千代女、コルデー、バーソロミュー、アキレウス、ヘクトール、マンドリカルド、パリスとアポロン、オリオンにイアソン。

アトランティスで出会い、助けてくれたサーヴァントたちのおかげで、なんとかキリシュタリアたちの本拠地へ辿りつけた。

激闘の連続で、ようやくスタートラインに立てた形。

先行した汎人類史サーヴァントや武蔵ちゃんと合流して、いざキリシュタリアのもとへ。

さらに激しい戦いが待ち受けているのは想像に難くない。2部5章はなんと初の分割章。

すぐ配信…とはいかないだろうが、この状態で待たされるのは生殺しですよ!

やっぱり2020年かなあ…開幕の日を首を長くして待っていようと思います。

関連記事

【FGO】『創世滅亡輪廻 ユガ・クシェートラ 黒き最後の神』感想。カルナとジナコの再会に胸がいっぱい!

【FGO】『人智統合真国 シン 紅の月下美人』感想。虚淵玄によるスーパー中華英霊大戦!芥ヒナコの正体は?

Fate 記事一覧

スポンサーリンク